エルメスの色について買取

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド小物買取 > エルメス買取 > エルメスの色について買取

エルメスの色について

MARUKA(マルカ)はエルメスの色について買取にこだわります。

LINE@で査定

エルメスの色について

エルメス(HERMES)は100年経っても色あせることが無い、豊富なカラーバリエーションが特徴的です。シャネル、グッチ、セリーヌなどのブランドを遥かに上回る数々の色は、エルメス(HERMES)の職人が納得いくまで色の調合と素材の相性を研究しています。そして、納得のいかない色は絶対に発表しないのがポリシーでもあります。ですので、色によっては一つの素材でしか展開しない色があるのです。このこだわりが一流品を作り上げるのですね。

皆さんのエルメス(HERMES)のカラーイメージと言えば、箱や紙袋に起用されております「オレンジ」をはじめ、1980年のバブル好景気、まさしく黄金時代を象徴する「ゴールド」とジーンズ色の「ブルージーン」を思い浮かべるのではないでしょうか?こちらの「オレンジ」「ゴールド」「ブルージーン」は日本人と相性のよい色合いで、幅広いコーディネートが楽しめます。

1990年代は黄色の「ジョーヌ」、オレンジ色のかぼちゃの意味をもつ「ポティロン」、鮮明な赤色の「ルージュヴィフ」、エルメスの赤を代表する「ルージュアッシュ」、リザード素材での展開が有名な「ルージュモワイヤン」など赤色だけでも10色以上の種類がございます。「ルージュアッシュ」は文字通りくすんだ赤色で、その真逆の明るい赤色なのが「ルージュヴィフ」その中間色が「ルージュモワイヤン」となります。

2000年代には、2007年の発表から人気No.1のロングセラー色「エトープ」が登場いたします。フランス読みと英語読みの発音の違いで「エトゥープ」とも言います。「エトープ(エトゥープ)」はバーキンはもちろんの事、リンディやコンスタンス、ピコタンロック、ジプシエール、ヴィクトリア、サック・ア・デペッシュ、ドゥブルセンス、ベルリンヌ、アザップロングなど、様々なアイテムでとても人気のある色です。
お買取の際は同じ品物でもお色によって買取金額が異なる為、MARUKA(マルカ)の査定士はお品物を拝見しただけで色の名前を判断できるように日々、勉強しております。お客様にはエルメス(HERMES)の店員さんより詳しいですね。と、おっしゃって頂いたことも御座います。なぜなら、ブティックでは手にすることのできない自分の生まれる前の製品から現在の新作や新色まで目の前で手に取って勉強できるからです。MARUKA(マルカ)は他社よりも圧倒的に多い買取点数ですので短期間で比べ物にならない「知識」を得ることが出来ます。この知識力が備わった査定士が店頭買取・出張買取・宅配買取にてスピード査定させて頂きます。高額な商品を持ち歩くのが心配な方には写真を撮って送るだけのお手軽なLINEでの査定、メール査定、チャット査定がオススメです。お気軽にお問い合わせくださいませ。

line@で査定 買取
選べる査定方法
  • lineで査定
  • mail査定
  • 店頭で査定
選べる買取方法
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
フリーダイヤル こんなものでも買取可能 事前査定 line@で査定
店舗一覧

関東エリア

  • 元町ナナイロ店
  • 玉川髙島屋S・C店
  • 東京 銀座本店
  • 東京 渋谷店

阪神エリア

  • 大阪 心斎橋店
  • 神戸マルイ店

福岡エリア

  • 福岡 天神店

京都エリア

  • 京都 マルイ店
  • 【移転】京都 北山店
  • 京都 大宮店
  • 京都 四条店
  • MARUKA 楽器
  • 京都 七条店
  • MARUKA WATCH
  • 西日本宅配センター
選べる査定方法
  • lineで査定
  • mail査定
  • 店頭で査定
選べる買取方法
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
フリーダイヤル
  • ヴィトン最大85%買取
  • ダイヤモンド高価買取
  • 時計高価買取
  • バッグ高価買取
総合トップへ
LINE@で査定

早速査定してみる

LINE@査定

その他の事前査定方法

メール査定

選べる買取方法

店頭買取 宅配買取 出張買取

SNS

毎日更新!
ぜひご覧ください!!

  • Facebook
  • twitter
  • Instagram
  • マルカ公式youtubeチャンネル
  • スタッフブログ