ガッチョ

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド小物買取 > ガッチョ買取

MARUKAはガッチョ買取にこだわります。
手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

買取のことならマルカへ

ガッチョ
LINE@で査定

買取アイテムについてのコラム一覧

MARUKAのおもてなしの心で買取
ブランド一覧はこちら

買取アイテム一覧

LINE@で査定

お客様の声

買取方法をこちらからお選び下さい

選べる買取方法

ご利用は全て無料です!キャンセルも無料!

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875

MARUKAならこんな状態でも買取可能

思った以上の高価買取もあります!捨てる前にMARUKAにお気軽にご相談ください!

MARUKA(マルカ)店舗ご案内

京都で創業昭和28年の老舗買取店MARUKA(マルカ)。全国に現在12店舗ございます。

東京エリア

阪神エリア

福岡エリア

京都エリア

買取強化ブランド

その他取扱ブランド一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行

手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

マルカガッチョ買取について

ガッチョ(gucho)はカスタム・ジュエリー(KUSTOM JEWELRY)アーティストのNAOSHI氏が手掛けているシルバーアクセサリーをメインとしたブランドです。 ガッチョ(gucho)は元々L.A.で展開していたブランドで、アメリカから日本のシルバー・アクセサリーシーンに逆輸入として展開した異色のブランドです。 NAOSI氏が生み出すアクセサリーはスターリンギア(STARLINGEAR)の創設者リックマーベリック(RYK MAVERICK)が認めたほどだと言われています。  リックの説明は、STARLINGEAR BOOKという、スターリンギア(STARLINGEAR)のファンから人気の写真集に取り上げられています。リックの言葉を引用すると、「He is talented beyond the norm(彼の才能は尋常じゃないからね)」とある。 スリックスター、ブルーザー、神風、リーパーなど様々なスカル生み出してきた鬼才リックがそのような表現で自身の過去の集大成でもある写真集に掲載するということは、よほど彼自身に影響がなければあり得ないことだと思います。 また、日本が誇るカスタム・カルチャー(KUSTOM KULTURE)の伝道師のナッシュ(NASH)氏からもNAOSHI氏が生み出す作品は絶大なる支持を得ています 実際にNASH氏のブログにも過去にガッチョ(gucho)やNAOSHI氏に関する記事がかかれておりインターネット上で最も早くガッチョ(gucho)の情報を発信したのがKUSTOM KULTUREシーンの重要人物ということが、一番本物でマチガイナイモノを知る人物が一目置くというひとつの証明です。 その証拠にNASH氏は実際にスターリンギア(STARLINGEAR) パンチャーデビルスカルリングとガッチョ(gucho)のパイロマニアックリングを愛用しています。 NASH氏は今までに日米問わず多くのアートに触れて来ていて、なおかつ高い審美眼を持っているからこそ、この作品達を愛用するに至ったのだと思います。 そう、「本物」として知られる人物が「本物」と呼べるブランドを愛用することは当然の結果だと思います。 ブランドネームであるガッチョ(gucho)には「間違いない」や「確かな」といった意味が込められています。その作品は、NAOSHI氏の背景(バック・ボーン)としている「REAL&KOOL(リアル&クール)」が随所に表現されています。NAOSHI氏曰く「REALなモノを確かな技術で、さらに現代のモノとして生み出すことが出来て初めてKOOLなモノとなる」とコメントしています。 NAOSHI氏が生み出す作品の世界観には多種多様な「コダワリ」があります。 そのコダワリこそカスタム カルチャーやアクセサリー含めビギナーからマニアまで、シーンの「本物」をも認めさせる大きな要因となっています。 NAOSHI氏の作風を説明すると、「逆輸入」という意味合いからも連想させるとり、アメリカ人が理解を示す非常に「アメリカ」のテイストを意識したデザインです。 生み出された作品は様々な意味で理に適った「アメリカモノ」に対するNAOSHI氏のリスペクトの念を持っている。そこにはただ模倣しただけではない日本人の目で見たアメリカの「オリジナリティー」が存在しています。ただの追従型とは一線を画した、「KOOL」をよく理解したこだわりのモノ作りは彼の作品を一目見れば一目瞭然です。 また、「写実的」表現技術の高さや作りの丁寧さからは、やはり日本人ならではの「職人気質」が作品を通して伝わってきます。現実にあるモノをリアルに表現する高い技術を持つと同時に、質実剛健な古き良きアメリカの伝統的なデザイン意匠、時代考証を元に細部にまでこだわったオリジナリティー溢れる作品の数々は国内外問わず、幅広くファンを増やし、「本物」とは何かを証明しております。流行に左右されない、アーティストのバックボーンや思想がしっかりしたブランドだからこそ、そこに長く付き合い続けられる普遍的な価値観があり、「本物」として愛用していくことができます。 製作工程においても、燻しの方法や研磨の方法、ワックスの性質を考慮した使い分けなど、それぞれの作品に合った材料を使用し、一般ユーザーには説明しなければ分からない細部にまでこだわりを持ち作っています。その職人気質で妥協を許さない姿勢もまた、ガッチョ(gucho)のひとつの魅力と言えます。 NAOSHI氏の言う「REAL」とは、本物同様に具現化する「写実的表現力の高さ」だけでなく、「本物でありオリジナルである」という作品に彼の魂が込められている意味も含んでいます。 NAOSHI氏がお客様のために一点ずつ時間と労力を惜しまず「魂」をこめて製作するガッチョ(gucho)、そのカスタム ジュエリー(KUSTOM JEWELRY)と呼ばれる作品達はシルバーアクセサリーの概念を超えた逸品を感じられます。 マルカ(MARUKA)ではガッチョ(gucho)買取はもちろん、クロムハーツ(CHROME HEARTS)、ビルウォールレザー(BILL WALL LEATHER)、スタンリーゲス(StanleyGuess)、ガボラトリー(Gaboratory)、トラヴィスワーカー(Travis Walker)、スターリンギア(STARLINGEAR)、ロンワンズ(LONEONES)、レザーズアンドトレジャーズ(LEATHERS AND TREASURES)、クレイジーピッグ(CRAZY PIG)などのシルバーアクセサリーブランドも高価買取しております。 また、本体のみ、廃盤品、傷がある、などの状態でも買取しております。 現在MARUKAでは京都の西院からもアクセスしやすい、西七条の七条店、四条大宮の大宮店、祇園や河原町から近い四条烏丸の四条店、そして松ヶ崎北山通り沿いの北山店、東京では銀座本店と渋谷店、そして福岡天神店すべてでガッチョなどのシルバーアクセサリーブランド高価買取中です。
総合トップへ
LINE@で査定