リンク トゥ ラブ買取

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド小物買取 > グッチ買取 > リンク トゥ ラブ買取

リンク トゥ ラブ

MARUKA(マルカ)はリンク トゥ ラブ買取にこだわります。

LINE@で査定

リンク トゥ ラブ

グッチ(GUCCI)のジュエリーにはピンクゴールド、ホワイトゴールド、イエローゴールドをメインに使用し女性のみならず男性にも長年お使い頂けるアイテムが豊富に揃っています。
貴金属といえばイエローゴールドまたはプラチナをイメージする方も多いですが近年グッチ(GUCCI)から発表されるアクセサリー、時計にはオリジナルの貴金属が使われております。金と銅との合金で暖か味をあるピンクゴールドはグッチ(GUCCI)独自の深みがある色が特徴的です。人気があるピンクゴールドは買取金額も期待できるかもしれません。
グッチ(GUCCI)のジュエリーの中に「リンク トゥ ラブ」というシリーズがあります。このシリーズは日本限定での特別販売となりコレクションアイテムとしてスリーゴールドのネックレスがあります。ホワイトゴールドのベネチアンチェーンに3つのラウンドペンダントはイエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドとなり貴金属本来の美しい輝きを堪能できます。コレクションジュエリーはあまり世の中に出回っていないのでお買取りされる際は驚く金額になるケースも珍しくありません。
「リンク トゥ ラブ」のメインは「ウェディングバンド」リングとなり8角形のファセットシェイプが凹凸しているデザインとなります。幅が4mmのタイプ、3mmのタイプがありマリッジリング以外にも重ね付けを楽しむことも可能となります。素材はプラチナPt950が加わり全部で4種類存在しております。外側と内側にグッチ(GUCCI)のロゴが刻印されており日常使いとしてもフォーマルにお使い頂けるシンプルな造りとなります。
「リンク トゥ ラブ」にはダイヤモンドを使用した「ウェディングバンド」リングが3種類あります。ファセット7カ所のエッジ部分にメレダイヤモンドがセッティングされているモデルでは合計約0.04カラットが使用されております。その他にはハーフエタニティリングとして15個のダイヤモンド約0.12カラットが一列に並んだモデルはプラチナ仕様となります。ハイクラスジュエリーとしてフルエタニティモデルには40個のダイヤモンドがファセットの周りを覆いつくしており約0.27カラットのダイヤモンドが使われております。
ご案内させて頂きました「リンク トゥ ラブ」は日本限定となる小綺麗なスタイルでどんなシーンにもマッチしたジュエリーとなりますので一度手にしたら一生物として活躍してくれます。特別な記念日などにプレゼントしても喜ばれると思います。ブランドジュエリーは貴金属以上の価値がありますので付属品は最後まで大事に保管しておく事をお勧めしております。
 マルカ(MARUKA)は京都の西院・西七条、四条大宮に四条烏丸・河原町、そして北山通の松ヶ崎と5か所、そして大阪では御堂筋と長堀通の交差点からすぐの心斎橋に、さらに神戸三宮店は少し元町よりの京町筋商店街入り口にあります。東京は銀座のランドマーク、マツモトキヨシ銀座5THビルに、渋谷店は渋谷駅の宮益坂口から出て1分という好立地。福岡天神店は西鉄福岡駅から国体道路沿いに西へ、アップルストア福岡がある交差点を曲がって10秒という場所です。
 マルカは全店で皆様のお越しをお待ちしております。皆様の大切なグッチ(GUCCI)製品を高く売るならマルカ(MARUKA)です。

line@で査定 買取
選べる査定方法
  • lineで査定
  • mail査定
  • 店頭で査定
選べる買取方法
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
フリーダイヤル こんなものでも買取可能 事前査定 line@で査定

MARUKA(マルカ)店舗ご案内

京都で創業昭和28年の老舗買取店MARUKA(マルカ)。全国に現在13店舗ございます。

東京エリア

阪神エリア

福岡エリア

京都エリア

選べる査定方法
  • lineで査定
  • mail査定
  • 店頭で査定
選べる買取方法
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
フリーダイヤル
  • ヴィトン最大85%買取
  • ダイヤモンド高価買取
  • 時計高価買取
  • バッグ高価買取
総合トップへ
LINE@で査定

早速査定してみる

LINE@査定

その他の事前査定方法

メール査定

選べる買取方法

店頭買取 宅配買取 出張買取

SNS

毎日更新!
ぜひご覧ください!!

  • Facebook
  • twitter
  • Instagram
  • マルカ公式youtubeチャンネル
  • スタッフブログ