グラハム

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド買取 > グラハム買取

買取価格を知りたい

  • スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定
    LINE@で査定を詳しく見る
  • 24時間365日毎日いつでも受付!メール査定
    メール査定を詳しく見るメール査定フォームへ
  • 今すぐ査定士が対応!チャット査定
    チャット査定を詳しく見るチャット査定フォームへ

商品を売る

  • 全国どこでも送料無料で対応致します!宅配買取
    宅配買取を詳しく見る宅配買取のお申込みフォームへ
  • 全国どこでも完全無料で出張致します!出張買取
    出張買取を詳しく見る出張買取のお申込みフォームへ
  • その場で即現金買取致します!店頭買取
    店頭買取を詳しく見る店舗一覧
総合お客様センターまでお電話下さい スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定

お客様センターでできること

傷や汚れがある商品も買取可能です!「壊れていても」「汚れていても」しっかり査定いたします! あきらめている品はありませんか?思わぬ査定額がつくこともあります!

買取強化ブランド

その他取扱ブランド一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行

手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

マルカグラハム買取について

グラハム(GRAHAM)について

当社MARUKAでは、グラハムの買取を男性からご依頼を受けることが多いです。著名人にも愛好家は多く、以前、テレビで放送されていた「ガリレオ」というドラマの中では、福山雅治さんがグラハムのクロノファイターRACブラックショックを装着していました。福山雅治さんの他、ハリウッドスターのトム・クルーズもグラハムの時計を愛用しているようです。そんな、グラハムの個性的でマニアックなデザインは、ファッションのアクセントにもなる程インパクトがあるもので、お洒落な男性からも支持が高い為に、当社MARUKAにおいても高額な提示をさせていただいております。なお、グラハムというブランド名は、17世紀から18世紀に活躍したヨーロッパの時計師ジョージ・グラハムの名が由来となっています。ジョージ・グラハムは、時計の動力源によりストップウォッチを作動させる機能であるクロノグラフを開発しました。現代の時計に培った大発見をしたジョージ・グラハムに敬意を示し、グラハムというブランド名が付けられたと言います。また、グラハムの時計の殆どには、クロノグラフの機能が採用されており、これはグラハムの特徴でもあります。以上のようなことからグラハムの時計は高価買取が可能となりますので、是非、MARUKAに足を運んでいただき査定をご依頼くださいませ。予想外の高価が実現するかもしれません。また、遠方のお客様でもご来店が難しい方は、お電話一本いただければ、無料にて出張買取もお受けしております。お気軽にご連絡ください。

「クロノグラフの父」と呼ばれた時計師、ジョージ・グラハム(GRAHAM)の功績

グラハムは1995年、スイスにて誕生したブランドであるがその源流は英国とされる。開発、発表される時計はほぼクロノグラフで占められ、そのブランド名は「クロノグラフの父」と呼ばれたイギリスの時計師、ジョージ・グラハムの功績にちなんでいます。
ジョージ・グラハム (1673年誕生、1751年没) は、シリンダー脱進機など後世の機械式時計の基礎となる脱進機などを発明、例えば1715年に一定の間隔で時計の歯を回転する手法を組み入れた「グラハム静止型脱進機」という機構を発明し、その技術を受け継いだトーマス・マッジは上記の機構に改良を加えることで、「アンクル脱進機」や「レバー脱進機」と呼ばれる機構を完成させ、現代時計産業に大いに貢献しました。
なによりも世に名前を残したのはストップウォッチ機構を搭載したクロノグラフを発明したことである。そしてそれだけにとどまらず時計の分野でたくさんの発明を世に送り出し水銀振り子など数々の発明を生み出しました。 ジョージ・グラハムはこのクロノグラフについては特許をとらず機械式時計の発展を願い技術を公開したことにより時計業界を発展させました。
また天文学者の使用するマスタークロックを開発するためグリニッジ王立天文台によって委任され、彼は英国学士院によって認められた18世紀最初にして最も偉大なクロック制作者としてその名を轟かせました。

グラハム(GRAHAM)の創業

グラハム創業には「ブリティッシュ・マスターズ社」という会社の存在が大きく関わっています。これは18世紀代に精密時計の分野でイギリスに栄冠をもたらした時代を称え、時計史に残る偉大な業績を残した英国人の名を冠したスイス・メイドの時計メーカーを創立するという計画で、グラハム創業者のエリック・E・ロトはそのプロジェクトの中心人物の1人です。

グラハム(GRAHAM)の創業

こうした壮大な夢と確かな技術力に支えられ、時計界の歴史を変えたといっても過言ではない偉大な時計師の名を冠したグラハム。『クロノグラフの父』たるグラハムの名に恥じぬよう、プロダクトのラインナップはほぼクロノグラフで占められます。フラッグシップモデルの「クロノファイター(CHRONOFIGHTER)」の大きな特長である左竜頭、レバーシステムを用いたクロノグラフは、パイロットが手袋をしたままで操作が可能になることを考え大型化されており、この大型リリースレバーはイギリス空軍のパイロットからの提案を腕時計に実現するために採用されました。それは飛行中に手からグローブを外さずに時間が計れるように、ということだけを考えて考案された機能です。それには人間工学も考察にとりいれられ、人間は人差し指で操作するよりも、親指で行うほうが0.2~3秒早く反応することから、左サイドに巨大なクロノグラフプッシャーとリュウズを同軸に配し、スタート、ストップはこのレバーを操作するだけで簡単に行えるようにと考えられました。
2カウンターのクロノグラフ搭載の「ソードフィッシュ」は拡大レンズで積算計を見ることができ、抜群の視認性を誇ります。これらは即そのままグラハムの腕時計の特徴となりあの大きな竜頭ガードをみるだけで誰もがグラハムの時計であることを理解することが可能です。
いつでも新しい可能性を追い求める時計作りはジョージ・グラハムの志を受け継ぐメーカーならではのものです。年間生産本数は約3000~4000本と少なく、ムーブメントも高級メーカー”ジャケ社”と技術提供し、一つ一つのモデルにこだわりを追求できるブランドと言えます。