ヒプノタイズ HYPNOTEYES買取

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド小物買取 > フェンディ買取 > ヒプノタイズ HYPNOTEYES買取

ヒプノタイズ HYPNOTEYES

MARUKA(マルカ)はヒプノタイズ HYPNOTEYES買取にこだわります。

LINE@で査定

ヒプノタイズ HYPNOTEYES

1925年、イタリア・ローマで設立された革製品店から始まったフェンディ(FENDI)。
創業者のアドーレ・フェンディとエドアルド・フェンディは当時、ハリウッドで大流行していた毛皮の襟巻きに注目し毛皮のコートを売り出した事で一躍成功を収めました。フェンディ(FENDI)の毛皮コートはイタリア人の女性の中でステータスシンボルとなったのです。フェンディ(FENDI)と言うブランド自体、大人のブランドと言うイメージが世の中で浸透していきましたが、若い世代からも人気を得ている高級ブランドとして現在もその人気は衰えていません。そんなフェンディ(FENDI)のトレードマークと言えばズッカ柄、そのズッカ柄を凌駕するかの如く2013年にシルヴィア・フェンディによって生み出されたモンスターシリーズ、バッグバグズ・コレクションはたちまちフェンディ(FENDI)の文字通り顔として人気を集めました。更にそのバッグバグズ・コレクションが進化し誕生したのがフェンディフェイス・コレクション、バッグバグズ・コレクションよりも少しとぼけたような表情が人気のコレクションです。そしてそのフェンディフェイス・コレクションを更に進化させたコレクションがフェンディ(FENDI)に誕生しました、それが今回ご紹介するヒプノタイズ・コレクションです。
ヒプノタイズ・コレクションは魅了すると言う言葉を意味する「hypnotize」と目を意味する「eyes」を掛け合わせて「ヒプノタイズ」と名付けられたコレクション。可愛らしく茶目っ気がたっぷりある表情の想像上の生き物であるクリーチャーがモチーフになっています。ヒプノタイズ・コレクションの特徴はなんと言ってもそのカラフルなスタッズを組み合わせてデザインされた小さな幾何学的フェイス、インターネット上で使われている顔文字のような目、鼻、そしてまつ毛がバッグをはじめ様々なフェンディ(FENDI)のアイテムにオリジナリティを追加してくれます。ヒプノタイズ・コレクションからはフェンディ(FENDI)の人気バッグ、ドットコムがミニサイズになって新たに登場したドットコム・クリックやトゥージュール、マイクロバケット、マイクロダブルバケットなどバッグはもちろん、ウォレットに至るまで様々なアイテムで展開されています。イエロー、ピンク、ベージュなどの柔らかい色彩にスタッズが組み合わさってポップなスタイルを作り出す、それがヒプノタイズ・コレクションです。

MARUKA(マルカ)ではフェンディ(FENDI)買取りを強化中、バッグバグズやフェンディフェイスはもちろん、ヒプノタイズ・コレクション買取りも驚きの高額査定で買取りが可能です。1点からお気軽にMARUKA(マルカ)へどうぞ、フェンディ(FENDI)買取りはどこよりも自身が御座います、是非1点からご相談下さい。

line@で査定 買取
選べる査定方法
  • lineで査定
  • mail査定
  • 店頭で査定
選べる買取方法
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
フリーダイヤル こんなものでも買取可能 事前査定 line@で査定
店舗一覧

関東エリア

  • MEGAドンキ港山下ナナイロ店
  • 玉川髙島屋S・C店
  • 東京 銀座本店
  • 東京 渋谷店

阪神エリア

  • 大阪 心斎橋店
  • 神戸マルイ店

福岡エリア

京都エリア

  • 京都 マルイ店
  • 京都 大宮店
  • 京都 四条店
  • MARUKA 楽器
  • 京都 七条店
  • MARUKA WATCH
  • 西日本宅配センター
選べる査定方法
  • lineで査定
  • mail査定
  • 店頭で査定
選べる買取方法
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
フリーダイヤル
  • ヴィトン最大85%買取
  • ダイヤモンド高価買取
  • 時計高価買取
  • バッグ高価買取
総合トップへ
LINE@で査定

早速査定してみる

LINE@査定

その他の事前査定方法

メール査定

選べる買取方法

店頭買取 宅配買取 出張買取

SNS

毎日更新!
ぜひご覧ください!!

  • Facebook
  • twitter
  • Instagram
  • マルカ公式youtubeチャンネル
  • スタッフブログ