エミールガレ買取

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド小物買取 > エミールガレ買取

MARUKAはエミールガレ買取にこだわります。
手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

買取のことならマルカへ

当店MARUKAでは他店ではつかないような価格で高価買取を行っております。また、他店に断られてしまった商品でも買取可能です。無料の宅配買取も全国対応させていただいていますので遠方のお客様でも安心してご利用いただけます。

エミールガレ
LINE@で査定
MARUKAのおもてなしの心で買取
ブランド一覧はこちら

買取アイテム一覧

LINE@で査定

お客様の声

  • お客様イメージ

    京都府
    50/男性

  • ふきだし
  • ダイヤを売りたいのですが

    古いダイヤの指輪が出てきました 汚れも傷もないと思うのですがどれくらいになるのでしょうか

  • こんにちはマルカ四条店の富築です お問い合わせありがとうございます。 ダイヤモンドは4Cと呼ばれるグレードで値段が異なります。 人の目では見えないくらいの傷をルーペで確認し カラーとカットを総評して値段をお付け致しますので お持ちいただかないとお値段がわかりません 1カラットでも10万円ほどの物もあれば40万ぐらい付くものもございます。 無用で査定致しますのでご気軽にお持込み下さい 京都は四条烏丸、四条河原町、 マルイ、大丸、高島屋からも歩いて来られます!

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    富築 幸佑

  • お客様イメージ

    福岡県
    60/女性

  • ふきだし
  • 金がこんなに高くなっているとは

    先日、テレビで放送されているのを見て自分も整理してみようと思い、金の売却に利用させて頂きました。随分前に他のお店を利用したことがありましたが全く価格が違い驚きました。 今は特に高いという事でしたのでまた近いうちに利用したいと思います。

  • 福岡天神店の山本です。金買取でのご利用ありがとうございます。今年に入っていきなり価格も上がっており、良いタイミングでお持ち頂けたと思います。金価格が高騰しているのは勿論ですが、他と比べて頂ければお分かりの通りMARUKAの金、プラチナ買取価格はどこよりも高く設定しております。またのご利用お待ちしております。

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    山本 樹

  • お客様イメージ

    東京都
    50/女性

  • ふきだし
  • マルカさんの金買取は表示価格のそのままの金額でお買取りしてくれました。

    以前他の買取店に金を持って行ったのですが、表示していた金額に最後手数料で200円程引かれて売りました。ですがマルカさんでは公表している金額そのままの金額でお買取りしてくれました。 そして金買取価格が一番高かったです。

  • ご買取りありがとうございます。 マルカMARUKA渋谷店でございます。はい!その通りです。 弊社の金買取は手数料などは一切ございません。 好評している金の買取金額そのままの価格でお買取り致します。 また毎日リアルタイムに金の買取相場を更新しておりますので、ご安心して金やプラチナ地金をお売り下さいませ。

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    野原 秀樹

買取方法をこちらからお選び下さい

選べる買取方法

ご利用は全て無料です!キャンセルも無料!

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875

MARUKAならこんな状態でも買取可能

思った以上の高価買取もあります!捨てる前にMARUKAにお気軽にご相談ください!

MARUKA(マルカ)店舗ご案内

京都で創業昭和28年の老舗買取店MARUKA(マルカ)。全国に現在12店舗ございます。

東京エリア

阪神エリア

福岡エリア

京都エリア

買取強化ブランド

その他取扱ブランド一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行

手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

マルカエミールガレ買取について

エミール ガレ(Emile Galle)買取について

エミール ガレ(Emile Galle)はヨーロッパの19世紀末を彩る装飾様式アール・ヌーヴォーの巨匠ともいわれるフランスの工芸家です。1846年フランスの北東部ロレーヌ地方、ナンシーで生を受けます。父のシャルル・ガレは実業家であり陶器やガラスなどを製造する工場を経営していました。幼いころからその工場を遊び場としていたエミールは自然とそこでデザインなどを学びました。その後、リセ(高校)では優秀な成績をおさめました。そして ドイツ、ヴァイマールに留学し、詩、文学、哲学、植物学、鉱物学、建築学、装飾美術を学びました。そして1874年にはエミール自身で陶器やガラスだけにはとどまらず家具等の製造を始めます。シャルル・ガレの代より陶器はサン・クレマン製陶所にてつくっていましたが、1880年前後からはラオン・レタップ製陶所にて生産するようになります。 ガラス製品においては1874年にはエミール自身のガラス工房が完成し、1885年には様々な技法を開発しながらマイゼンタールと契約し、ガラスの表現方法を大幅に広げました。マルカ(MARUKA)ではそんなエミールガレの買取を強化しております。ランプに代表されるガラス工芸の巨匠、それだけに様々な時代とともに作風も変化しまた弟子や工房作の偽物といえない模倣品なども世界中にたくさん存在し、その鑑定に関しては非常に厳しい鑑定眼が必要とされるエミールガレの買取、そこいらのリサイクルショップやブランドショップでは決して扱えないエミールガレの買取は是非創業昭和28年、伝統と安心のMARUKAへお任せください。

エミール ガレ(Emile Galle)について

エミール ガレ(Emile Galle)は陶芸・ガラス・木工家具の三分野で活躍し、自然の描写を通して抽象的な概念を表現することで、ガラスや木工家具を単なる装飾ではなく、哲学的な世界観を表す芸術作品へと昇華させたのです。その背景にあったのは、植物学への情熱でした。彼は約3,000種程の植物を育てていた広大な庭や豊かな自然の中で、つぶさに植物を観察して論文を書き、種の進化などに強い関心を寄せていました。ガラスを植物の自然なラインや時として生命を宿した燃え立つような造形を表現しその結果、植物学においては植物学者として大きな力を残す事となりました。また日本人の高島北海と交流があり、当時の美術界をゆるがしたジャポニズム(日本趣味)の先導者となりました。どの時代の作品に置いてもガレはガレでありマルカ(MARUKA)ではそれらの買取を強化中です。 また象徴主義の原動力として、その功績は 画家ギュスターヴ・モローと並んで、19世紀末フランスの代表的芸術家として、その名を広めています。 高い教養が裏付けとなって、ガラス芸術に投じた信念と自信ははかり知れないものでありました。 1889年と1900年のパリ万国博覧会でグランプリの栄誉に輝いた事でこの時代の知識階級に絶大な力を持っていたサロンでの成功は華々しく確かなものとなりました。 1904年9月23日、白血病により、58歳の生涯を閉じましたがガレの死後も1931年まで工房は続きました。 第一工房期と呼ばれる時代は1874年から1904年で、これらの時代の作品はガレ自身によるものです。第二期は1904年から1914年。ガレの死後も続いた工房でガレの友人プルーヴェ監修によるものとされます。第三工房期は1918年から1931年、工房が閉じるまでの間はガレの娘婿ぺルトリーゼが「ガレ」の工房の名をついで生産しますが31年に工房閉鎖となっています。

マルカ(MARUKA)の美術品買取について

マルカ(MARUKA)では京都の西大路七条に昭和28年から続く質屋を母体とし、特に美術品、骨董品そして目利きが必要な宝石類と合わせ「鑑定眼に自信あり」として60年以上の歴史を重ねてきました。定価がありカタログがあればだれでも査定できるブランド品や時計買取だけでなく、こういった美術品、骨董品そして時には数百万、数千万円もする宝石類を自分たちの目で見て鑑定・査定できることが私たちの強みです。 発祥の地京都から今や東京と福岡にも店舗を持ち、全国にて出張買取や宅配買取も展開しております。現在では京都には滋賀や奈良だけではなく大手買取店も多数存在するはずの大阪の梅田あたりからは阪急電車に乗ってわざわざ京都まで来ていただけるようになりました。そういえばもともとの関東進出も本来なら目が届かなくなり、査定のレベルが低下する事を嫌い関東進出を躊躇していた我々ですが、お引越しで東京へ行かれたお客様、噂を聞きつけ東京から新幹線で京都へ通ってくれていたお客様、宅配買取でマルカ(MARUKA)の査定の高さにファンになってもらっていたお客様からの熱い要望によるものでした。 マルカ(MARUKA)ではエミールガレのみならず美術品・骨董品買取に絶対の自信があります。エミール ガレ(Emile Galle)の売却をお考えのお客様は是非信頼と実績のマルカ(MARUKA)へお任せください。
総合トップへ
LINE@で査定