シェール ディオール(CHER DIOR)買取

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド小物買取 > クリスチャン・ディオール買取 > シェール ディオール(CHER DIOR)買取

シェール ディオール(CHER DIOR)

MARUKA(マルカ)はシェール ディオール(CHER DIOR)買取にこだわります。

LINE@で査定

シェール ディオール(CHER DIOR)

シャネル(CHANEL)、エルメス(HERMES)、ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)などフランスを代表するブランドは沢山ありますが、パリっ子に絶大な人気を誇るのが「ディオール」です。
女性らしい美しいラインを意識した洋服が特徴的で他にも香水やバッグもとても人気があります。ハイブランドとしては比較的新しいブランドで、日本でのジュエリー展開もまだ歴史が浅くイメージが無い方もおられるかもしれませんが、ディオールが発表しているジュエリーコレクションはそのすべてが高いクオリティで、とても美しい物になります。それは手掛けている人物が「ヴィクトワール ドゥ カステラーヌ」ということが大きいかと思います。独創的で幼少期からジュエリーに興味を持っていた彼女の発想はとても柔軟で、それはディオールのジュエリーコレクションをみれば一目瞭然です。
彼女の着想の多くはクリスチャン・ディオールが幼少期に過ごした館に咲く花や、ヴェルサイユ宮殿、過去に行われたコレクションのドレスをモチーフにしたものなど、クリスチャン・ディオールに深く関わりがあるところからイメージを膨らませています。それ以外のテーマからインスピレーションを得ることももちろんありますが、少し変わったところでは18世紀頃のフランスでポピュラーであった「書簡体小説」をテーマにしたものがあります。それが「シェールディオール(CHER DIOR)」です。
書簡体小説は、手紙の形式を使った小説で、日本人作家「村上春樹」さんの「カンガルー通信」もその形式で書かれています。
手紙というワードがこのコレクションでは大きなポイントになっていて、シェールディオールは実は2通目となっており、1通目は2012年発表の「ディアーディオール(DEAR DIOR)」となっています。2通目と位置付けられたシェールディオールは、その色彩感覚に驚かされます。かなりの色が宝石を使って散りばめられていますが、デザインとしてしっかりまとまっており、色とりどりの花畑のようになっています。
とても大胆でそれでいて気品のある作品は他のブランドではあまり見られないディオールらしいジュエリーではないでしょうか。MARUKAではクリスチャン・ディオールのシェールディオール買取も行っております。流通が非常に少ない物になりますが目一杯の高価買取をさせて頂きます。ディオール買取はお任せ下さい。
ディオール買取他、ブランド品買取業界トップクラスのMARUKAは、京都市内に5店舗、東京銀座や渋谷、福岡天神にも出店している老舗の質屋です。常に変わる市場価格の情報をいち早くキャッチし各専門のバイヤーが高額査定を可能にしております。大阪、神奈川、埼玉、佐賀、長崎など店舗のある県外にお住いの方は出張買取や宅配買取を行っております。事前にLINEで査定、お問い合わせもお待ちしております。

line@で査定 買取
選べる査定方法
  • lineで査定
  • mail査定
  • 店頭で査定
選べる買取方法
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
フリーダイヤル こんなものでも買取可能 事前査定 line@で査定
店舗一覧

関東エリア

  • MEGAドンキ港山下ナナイロ店
  • 玉川髙島屋S・C店
  • 東京 銀座本店
  • 東京 渋谷店

阪神エリア

  • 大阪 心斎橋店
  • 神戸マルイ店

福岡エリア

京都エリア

  • 京都 マルイ店
  • 京都 大宮店
  • 京都 四条店
  • MARUKA 楽器
  • 京都 七条店
  • MARUKA WATCH
  • 西日本宅配センター
選べる査定方法
  • lineで査定
  • mail査定
  • 店頭で査定
選べる買取方法
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
フリーダイヤル
  • ヴィトン最大85%買取
  • ダイヤモンド高価買取
  • 時計高価買取
  • バッグ高価買取
総合トップへ
LINE@で査定

早速査定してみる

LINE@査定

その他の事前査定方法

メール査定

選べる買取方法

店頭買取 宅配買取 出張買取

SNS

毎日更新!
ぜひご覧ください!!

  • Facebook
  • twitter
  • Instagram
  • マルカ公式youtubeチャンネル
  • スタッフブログ