バーバリー買取

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド小物買取 > バーバリー買取

バーバリー買取はMARUKA(マルカ)へ

トレンチコートとバーバリーチェック柄でお馴染みの世界的ファッションブランドがバーバリーです。落ち着いた色合いと世界観を大事にした独特のデザインによって、バーバリーを愛用するファンも多いでしょう。そんなバーバリーの歴史を少しお話しさせて頂くと1856年に誕生した100年以上もの歴史を持つ老舗ブランドでもあります。ロンドンのベイジングストークで洋服店を開業していたトーマス・バーバリーは、農民の衣服の汚れを防ぐ為、耐久性と防水性に優れたギャバジンという素材を誕生させます。

買取実績速報

MARUKAで買取ご成約いただいた例をリアルタイムでご紹介いたします。

バーバリー買取にMARUKA(マルカ)が強い理由

豊富な経験と知識に裏打ちされたプロによる

正確な鑑定

直接お客様に販売しません

売り先は世界で一番高く売れる地域へ

買い取った商品を1円でも高く買取るために

専門部署による自社メンテナンス

MARUKA(マルカ)ならこんな状態でも買取可能

思った以上の高価買取もあります!捨てる前にMARUKA(マルカ)にお気軽にご相談ください!

破損している

剥がれている

シミ、汚れ、変色あり

キズあり

LINE@で査定 選べる査定方法
選べる買取方法
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
フリーダイヤル

買取強化ブランド

その他取扱ブランド一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行

お客様の声

  • お客様イメージ

    大分県
    30/女性

  • ふきだし
  • バーバリーのコート

    正確には今なくなってしまったバーバリーブルーレーベルのコートなのですが、そういったものも買取可能ですか?

  • ご質問ありがとうございます。バーバリーブルーレーベルは現在ブルーレーベルになってしまいましたが、バーバリーブランドであったころのコートももちろんお買取りさせて頂いております。宅配買取も行っておりますのでアパレル品まとめて売却などお考えでしたら是非ご利用下さいませ。

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    山本 樹

  • お客様イメージ

    東京都
    20/男性

  • ふきだし
  • 使い古した財布ですが

    バーバリーの財布一点だけを売りに行っても大丈夫ですか?しかもかなり使い古しているものなんですが、、

  • こんにちは、マルカ渋谷店の塚田と申します! はい、買取大歓迎で御座います!マルカは一点からでもお持ち頂いて大丈夫です!中古品の買取ですので状態もボロボロでも買取可能です!逆に大量のお持ち込みでも大丈夫です!「これ売れるのかな?」なんて思った場合は、まずマルカにご相談下さいませ! 買取の量が多い場合はマルカの出張買取もおススメですので、是非ともチェックして見て下さいね!

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    塚田 哲也

  • お客様イメージ

    東京都
    30/女性

  • ふきだし
  • 洋服を沢山売りたいです

    主にバーバリーのアパレル品を多数売りたいのですが、他のブランドも見てもらいたくて。ブランドごとや、アイテムによっての仕分けをしてないと買取して頂けないでしょうか。

  • こんにちは、マルカ銀座店の塚田です。 仕分けなど必要ありませんよ。お持ち頂ければ喜んで査定をさせて頂きます! また、大量にある場合は店頭にお持ち頂くのが大変だと思います。なのでマルカの出張買取や宅配買取がお勧めで御座います!お客様のご自宅にお伺いして査定させて頂きます! どちらも無料のサービスで、簡単に予約も出来ますのでお気がるにお問い合わせください。

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    塚田 哲也

MARUKA(マルカ)店舗ご案内

京都で創業昭和28年の老舗買取店MARUKA(マルカ)。全国に現在13店舗ございます。

東京エリア

阪神エリア

福岡エリア

京都エリア

LINE@で査定 選べる査定方法
選べる買取方法
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
フリーダイヤル
MARUKA(マルカ)のバーバリー買取について

バーバリーについて

1888年には特許を取得し、ギャバジンを素材に使ったトレンチコートは、後に第一次世界大戦で使用され、1919年には、王室のジョージ5世からイギリス王室御用達のコートを作るようにも拝命されました。よってバーバリーは、イギリスを代表するアパレルブランドとして世界的に認められています。日本でのバーバリーは、日本ライセンス物とインポート物によって展開されています。日本ライセンス物のバーバリーにおいては英国風センスを大事にしたデザインのファッションアイテムが販売されています。対して、インポート物のバーバリーLONDON、バーバリーPROSUM、バーバリーBRITなどは、日本ライセンス物より素材、デザインにこだわった物が多く、その分価格が高いという特徴があります。当社MARUKA(マルカ)では日本ライセンス物、インポート物、両方に高価買取の実績が多数御座いますが、やはりインポート物のバーバリーアイテムの方が、高価買取となりやすいです。日本ライセンス物が誕生する前のバーバリーのバッグやコートなどは、年季が入っていても、ビックリするほどの高価買取となる可能性が高いので、まずはお気軽に無料査定を受けてみてはいかがでしょうか。遠方の方は無料の出張査定や時間の無い方には無料のLINEで査定や宅配査定が人気です。

英国のファッション界を代表するファッションブランド「バーバリー(BURBERRY)」ですが、このバーバリー(BURBERRY)を代表するファッションアイテムといえば「トレンチコート」です。
トレンチコートと元々第一次世界大戦時に軍人を寒さから守るコートとして製作されました。
トレンチコートも元々はタイロッケンというコートをバーバリー(BURBERRY)によって品質改良されより保湿性 保温性 通気性を追求したものになります。
第二次世界大戦終結後に多くの方にこの機能面の良さと品質からトレンチコートが一般的にも使用されるようになりました。
今では「トレンチコート」=「戦争」とは誰も思いもしませんが 当時は戦争の兵士を守る防寒着だったのでした。
そもそもバーバリー(BURBERRY)のトレンチコートはイギリス北部のウエストヨークシャー州のキャッスルフォードにて専用工場で製造されています。
1着のトレンチコートを作るのに及ぶ工程はおよそ80工程と言われています。
100本以上の糸を縫い合わせて作るツイル生地は通気性、防水性の為にもかなり慎重な作業が施されています。
ただでさえ細かく手作業で製作される物でも最終チェックは二度に渡って目視検査されています。
今でも採用されている胸ポケットのガンフラップは戦時中、発砲時の衝撃を和らげるための物で今となっては一切役に立ちませんが、トレンチコートに欠かせない重要なデザインの一つであったりもします。
そもそものトレンチコートとは、先ほども説明書きさせて頂きました通り、トーマス・バーバリー氏が1912年にタイロッケンの専売特許を取得した事から始まっています。
「タイロッケン」とはどういった意味なのかと言いますと、ボタンを使わずに紐で「結び(Tie)」紐で「留める(Lock) 、Tie(紐)でLocl(留める)事を略し「タイロック」と言われています。
ノルウェーの探検家「ロアルド・アムンゼン氏」が南極到達のレースでタイロッケン着用で一着を果たした事から機能面が認められたといわれています。
バーバリー(BURBERRY)の創業者「トマス・バーバリー」がバーバリー(BURBERRY)を設立したのは1856年の事です。
ドレスメーカーにて修行を積まれていました。
タイロッケンの専売特許を取得後 トレンチコートの製作に入り、1920年代後半まで来るとバーバリー(BURBERR)のメイン商材はトレンチコートとなります。
タイロッケンなどでは裏地に使われていたバーバリーチェック柄も96年のコレクションにて傘にバーバリーチェックを起用した事からバッグ(BAG)やマフラー(muffler)などファッション以外の小物類に使用されるようになりました。
因みにこの今となっては有名なバーバリーチェックは「カントリータータン」と呼ばれる柄がベースでバーバリーが色付けしてアレンジした物となります。
イギリスでもたくさんの著名人がバーバリー(BURBERRY)のトレンチコートを使用し、
有名どころだと映画のカサブランカで「ハンフリー・ボガード氏」がトレンチを着た事からまず世界的にブレイクします。
小説漫画では有名な「コナン・ドイル」や「元USA大統領ジョージ・ブッシュ」
「キャサリン・ヘプバーン」などなど有名人も数え上げればキリがありません。
1996年には国内の皆様もご存じの総合ファッションアパレル企業「三陽商会」と英国バーバリー(BURBERRY)によるライセンス契約により三陽商会企画のバーバリーブルーレーベル(BURBERRY BLUE LABEL)が発表されました。(以下:ブルーレーベル)
ブルーレーベルは日本国内の若い女性をターゲットにしたもので、テーマがかの有名な
「オードリー・ヘプバーンが二十歳だったら何を選択するか」で英国バーバリー(BURBERRY)の持つ伝統と今の日本国内のトレンドを組み合わせたイメージのモデルを展開されていきました。
英国バーバリー(BURBERRY)では1997年に最高経営責任者が新たに就任したりとした中で高級ライン「バーバリープローサム(BURBERRY PRORSUM)」を発表され、さらなる前進、すなわち伝統にモード性を加えてモダンなスタイリングを目指すという意味が込められた高級ラインが登場しました。
このよく聞く「プローサム(PRORSUM)」ですが、ラテン語で「前進」という意味です。
2000年代半ばには国内若者男性向けの「バーバリーブラックレーベル(BURBERRY BLACK LABEL)」が三陽商会より発表され、数多くの日本人男性、とりわけ若者に絶大な支持を得るファッションブランドとして大成功、大躍進を納めています。
2009年には英国でプローサム(PRORSUM)のデザイン面でかなりの影響力を見せたクリストファーベイリー氏が「チーフ クリエイティブ・オフィサー」に就任していますが、
この役職は今まで無かったもので、多大な功績を讃えて新設されたポジションでもあります。
2015年夏には三陽商会と英国バーバリー(BURBERRY)のライセンス契約が満期打ち切りとなり、2016年現在では「バーバリーブラックレーベル」や「バーバリーブルーレーベル」といった三陽商会企画のバーバリー(BURBERRY)製品を扱う店舗というのは消滅しています。
現在マッキントッシュ(MACKINTOSH)やラブレス(LOVELESS)、ギルド(GUILD)といった時代の流れ、トレンドに力を注がれています。
MARUKA(マルカ)では、バーバリー(BURBERRY)製品をはじめ、今までのブラックレーベル(BLACK LABEL)やブルーレーベル(BLUE LABEL)といった商材も勿論買取り対応商品です。
移り変わりの早いアパレル製品は型が古くなると一気に寝落ちするのも今までに体感されている方もいらっしゃることかと思います。
MARUKA(マルカ)では、その中でも国内外の豊富な流通ルートを駆使し、いつでも目一杯の金額で買取り、査定させて頂きます。
皆様の着なくなった衣服もMARUKA(マルカ)の高額査定でしっかりどこよりも高くで買取りさせて頂きますので、京都だけではなく 流行に敏感な東京銀座や渋谷店 九州の福岡天神店でも皆様のご利用、スタッフ一同心よりお待ち致しております。

総合トップへ
LINE@で査定