ロイヤルオーク

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド買取 > オーデマ・ピゲ > ロイヤルオーク買取
ロイヤルオーク
読み込み中 読み込み中
ロイヤルオーク買取額15%UPキャンペーン

ロイヤルオーク

パテック・フィリップ(PATEK PHILIPPE)、ヴァシュロン・コンスタンタン(VACHERON CONSTANTIN)とならんで世界三大時計メーカーと称されるオーデマピゲ(AUDEMARS PIGUET)。

そのオーデマピゲのコレクションの中で特に人気のあるモデルと言えばやはり「ロイヤルオーク(Royal Oak)」ですね。

1972年、パテック・フィリップ(PATEK PHILIPPE)の「ノーチラス」、ブルガリ(BVLGARI)の「ブルガリブルガリ」などを手掛けたデザイナー「ジェラルド ジェンタ」によりデザインされたロイヤルオーク。

当時、時計業界は1969年にセイコー(SEIKO)が世界初のクォーツウォッチの発売により、スイスの機械式時計メーカーは低迷を迎えていました。そんな中、発売されたロイヤルオークは、「これまでの高級機械式時計の常識を変える」というコンセプトのもと、ステンレススチールのラグジュアリースポーツウォッチとして登場しました。独特な八角形のベゼルにビス。ケースサイズも当時では大型の部類になる39mmとまさに常識を覆したモデルとなり、それは多くの方に受け入れられ大ヒットとなりました。

名前の由来は、イギリス海軍の戦艦「ロイヤル・オーク号」からとられています。だからデザインも船窓をイメージしたものになっていると思われがちですが、実際は大気圧潜水服という着ぐるみのような大型の潜水服のヘルメット部をイメージして作られたそうです。

ウブロ(HUBLOT)のモデルや、パテック・フィリップのノーチラスなどと比較されることもありますが、ロイヤルオークはそういったモデルの先駆けではないでしょうか。

2005年まではジャガールクルト(JAEGER-LECOULTE)のムーブメントをベースに使用していましたが、この年に自社製ムーブメント、Cal.3120を搭載したロイヤルオークが発表されました。

このCal.3120は「シャネル(CHANEL)」の一部のJ12のベースムーブメントとして使われていて、シースルーバックでその様子が見られるようになっています。

ステンレスモデルのみならず、もちろんゴールド素材モデルも存在致しますがMARUKA(マルカ)ではすべてのロイヤルオークを高価買取させて頂きます。時計買取に自信があるMARUKAですので是非一度お越し頂ければと思います。

 

おまとめ査定

MARUKAのおもてなしの心で買取
ブランド一覧はこちら

買取価格を知りたい

  • スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定
    LINE@で査定を詳しく見る
  • 24時間365日毎日いつでも受付!メール査定
    メール査定を詳しく見るメール査定フォームへ
  • 今すぐ査定士が対応!チャット査定
    チャット査定を詳しく見るチャット査定フォームへ

商品を売る

  • 全国どこでも送料無料で対応致します!宅配買取
    宅配買取を詳しく見る宅配買取のお申込みフォームへ
  • 全国どこでも完全無料で出張致します!出張買取
    出張買取を詳しく見る出張買取のお申込みフォームへ
  • その場で即現金買取致します!店頭買取
    店頭買取を詳しく見る店舗一覧
総合お客様センターまでお電話下さい スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定

お客様センターでできること

傷や汚れがある商品も買取可能です!「壊れていても」「汚れていても」しっかり査定いたします! あきらめている品はありませんか?思わぬ査定額がつくこともあります!

買取強化ブランド

その他取扱ブランド一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行

手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。