アーティテュード(Artitude)

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド買取 > アーティテュード(Artitude)買取

MARUKAはアーティテュード(Artitude)買取にこだわります。
手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

買取のことならマルカへ

シルバーアクセサリー買取はクロムハーツ(CHROME HEARTS)だけではありません。マニアックなブランド、アーティテュード(Artitude)買取でもマルカ(MARUKA)にお任せください。あなたの大切なコレクションをしっかりと査定して高価買取を実現します。
また「こんなものでも大丈夫?」という場合はLINE(ライン)で査定をご利用ください。スマホで写真を撮って送るだけ、すぐに買取査定額を送らせていただきます。あなたの強い味方MARUKA、是非ご利用ください。

アーティテュード(Artitude)

おまとめ査定

MARUKAのおもてなしの心で買取
ブランド一覧はこちら

買取アイテム一覧

買取サービスをご利用になったお客様の声

マルカは買取1位宣言!
たくさんのお喜びの声を頂いております。

  • 1.ノンブランドのシューズ等が多数ありますが、お買取り可能でしょうか。
    ノンブランドのシューズやブランドと言ってもあまり有名ではないブランドのアパレル商品がございますが、そういうのは買取できるのでしょうか。

    (千葉県/40代/男性)

    ご質問ありがとうございます。マルカ渋谷店野原ございます。ノンブランドでも状態、お品によってはしっかりお値段お付け致します。また単品では、お値段厳しアイテムでもまとめて金額お付けできる場合もございますので、一度マルカにお気軽にご相談下さいませ。

  • 2.切手がバラであるのですがお買取りしてくれますか。
    集めていた記念切手やシート、バラなど大量にありますが、バラの切手もお買取り出来ますでしょうか。

    (東京都/70代/女性)

    ご質問ありがとうございます。 渋谷店査定士の野原でございます。もちろん切手のバラも問題なくお買取り可能です。 マルカでは1枚1枚丁寧に見させて頂きしっかりとしたお値段で切手もお買取りさせて頂いております。お気軽にお問合せ下さいませ。

  • 3.店舗について
    マルカさんを利用したいのですが、どこの店舗が便利でしょうか?? 京都に住んでいます。

    (京都府/30代/女性)

    京都にはマルカの本社である七条店、そして町中にある四条店、北山にある北山店が現在京都にございます。左京区や北区にお住いでしたら北山店、京都駅などに幼児のある場合は七条店、町中の河原町や烏丸などでお買い物をされる際は四条店が便利かと思います。 七条店には駐車場、北山店にはコインパーキングがありますのでご都合に合わせご利用ください。 特に四条店は内装も非常に凝っており、京都を感じれる素敵な店内となっております。 ご利用お待ちしております。

もっと見る

買取方法をこちらからお選び下さい

選べる買取方法

ご利用は全て無料です!キャンセルも無料!

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875

MARUKAならこんな状態でも買取可能

思った以上の高価買取もあります!捨てる前にMARUKAにお気軽にご相談ください!

MARUKA店舗ご案内

京都で創業昭和28年の老舗買取店MARUKA。全国に現在12店舗ございます。

東京エリア

京都エリア

阪神エリア

福岡エリア

買取強化ブランド

その他取扱ブランド一覧

  • アa行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行

手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

マルカアーティテュード(Artitude)買取について

今回は日本にシルバーアクセサリーがブームとなる前2000年頃に君臨していた玄人向けのシルバーアクセサリーブランドアーティテュード(Artitude)のご紹介をさせていただきます。 マルカ(MARUKA)ではこういったマニアックなシルバーアクセサリーブランドのアーティテュード(Artitude)買取も大歓迎です。 アーティテュード(Artitude)のデザイナーはダリル・コブ(DARRYL COBB)という人物で元造園技師をしていたそうです。 シルバーデザイナーとしては異色の肩書きの持ち主で、造園技師をしていたということから、その作品には植物、蔦(ツタ)、棘(トゲ)、葉(リーフ)などのデザインが組み込まれています。 LOS ANGELES(ロサンゼルス)で生まれたダリル・コブ(DARRYL COBB)は幼少期から様々なモノを製作していたと言われています。 活動の拠点は1988年にMalibu(マリブ)に移り住んだのをきっかけに、本格的にアクセサリーを製作始め、シルバーアクセサリー作りのきっかけを与えたのがガボール(GABOR)のガボール・ナギーだったそうでアーティテュード(Artitude)の作品の中にはガボラトリー(Gaboratory)のテイストを感じさせる作品も存在します。 工房を構えた当初はシンガーソングライターのレニー・クラヴィッツ(Lenny Kravitz)などミュージシャンのオーダーメイドのみの製作だったそうですが、シルバーアクセサリーブームの流れで日本でも取扱が開始されました。 Malibu(マリブ)はビルウォールレザー(BILL WALL LEATHER)やトラヴィスワーカー(Travis Walker)などの拠点ともなっています。 アーティテュード(Artitude)は日本では東京、恵比寿にある日本の銀ムーブメント発祥のショップで長年取り扱いされていたそうです。 展開はリング、ペンダント、ブレスレット、ウォレットチェーン、レザーウォレット、ベルトまで幅広い商品展開でした。 ウォレットに関してはレザーの魔術師と呼ばれている、ヴァンアンバーグレザーズ(VAN AMBURG LEATHERS) のジェリーバンアンバーグやビルウォールレザー(BILL WALL LEATHER)のウィリアム・クレイグ・ウォールなどが手掛けていたそうです。 アーティテュード(Artitude)の作品は今となっては情報が少ないですが、スカル、クラウンスカル、ジェスタースカル、スパイク、ヴィアマナ、バレル、ギーガースタイルリンク、ホグスタースカルなど様々なモチーフのパーツやリンクがありました。 クロムハーツ(CHROME HEARTS)やA&G、レナード カムホート(Leonard Kamhout)など、当時の人気のシルバーブランドとはアーティテュード(Artitude)対照的でハードなデザインが主流で、一般受では無く、ハードテイストフリークスにだけ愛されているというところが、「マニアご用達シルバーブランド」として静かにブレイクしていたそうです。 また、このテイストのハードさは「Malibu(マリブ)で出会った海賊がしていた」というウソの様な実話まであるほど。超ハードな生き方をする人間にしか似合わないと当時は言われていた伝説のアーティテュード(Artitude)買取もマルカ(MARUKA)では買取大歓迎です。 マルカ(MARUKA)は現在全国8店舗、東京の銀座本店や渋谷店、もちろん京都のMARUKA WATCHに七条店、西院から四条通を東へ進めば大宮店と四条店。そして待望の京都市内北部に北山店があります。福岡天神店ではショッピングタウンの天神にて営業中。全ての店舗でシルバーアクセサリー高価買取中です。 とりあえず、お値段を知りたい方はLINE(ライン)で査定をご利用ください。写真を撮って送るだけのLINE(ライン)で査定ならすぐにおおよその買取価格がわかります(買取価格を保証する物ではありません、最終的な買取価格は現物を確認してからです)
総合トップへ