アーティテュード買取

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド小物買取 > アーティテュード買取

アーティテュード買取はMARUKA(マルカ)へ

シルバーアクセサリー買取はクロムハーツ(CHROME HEARTS)だけではありません。マニアックなブランド、アーティテュード(Artitude)買取でもMARUKA(マルカ)にお任せください。あなたの大切なコレクションをしっかりと査定して高価買取を実現します。
また「こんなものでも大丈夫?」という場合はLINE(ライン)で査定をご利用ください。スマホで写真を撮って送るだけ、すぐに買取査定額を送らせていただきます。あなたの強い味方MARUKA(マルカ)、是非ご利用ください。

アーティテュード買取にMARUKA(マルカ)が強い理由

豊富な経験と知識に裏打ちされたプロによる

正確な鑑定

直接お客様に販売しません

売り先は世界で一番高く売れる地域へ

買い取った商品を1円でも高く買取るために

専門部署による自社メンテナンス

MARUKA(マルカ)ならこんな状態でも買取可能

思った以上の高価買取もあります!捨てる前にMARUKA(マルカ)にお気軽にご相談ください!

破損している

剥がれている

シミ、汚れ、変色あり

キズあり

LINE@で査定

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875

買取強化ブランド

その他取扱ブランド一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行

お客様の声

  • お客様イメージ

    神奈川県
    60/女性

  • ふきだし
  • 鑑定書が無くても買取してもらえるって本当?

    生前整理をしていて、大昔にもらった1カラットのダイヤモンドのペンダントを売ろうかと考えているのだけど、あったはずの鑑定書がどこかにいっちゃったみたいなの。 知り合いが、「マルカさんで鑑定書がない立て爪の婚約指輪を買取してもらった。」って言っていたけど、このまま持って行っても大丈夫なものなのかしら?

  • こんにちは、マルカの菅家です。 この度はお問い合わせいただき、ありがとうございます。 はい、当店では鑑定書付きでないダイヤモンドや、鑑別書のない他の宝石の買取もおこなっております。 GIA.G.Gの有資格者も在籍しているマルカは、ダイヤモンドの鑑定技術にも定評がありますので鑑定書無しでもバッチリとダイヤモンドのグレードを判断することが出来るのです。 1カラットのように大きなサイズでなくても、細かなメレダイヤモンドも目一杯のお値段をお付けさせていただきますので、ダイヤモンドの買取はぜひお近くのマルカにお任せくださいませ!

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    菅家 賢

  • お客様イメージ

    神奈川県
    30/男性

  • ふきだし
  • いつの間に営業時間変わったの?仕事終わり行けて嬉しい!

    いつも休みの日しか行けなかったのに、いつの間にか20時までの営業になったんですね。 今度売りたかったロレックスの時計をお持ち込み致します!

  • お問い合わせ有難う御座います!マルカ銀座本店は8月から20時までの営業時間となりました。有楽町や新橋にお勤めの方仕事終わりにご利用できますよ!ギリギリになりそうな際にはお電話頂ければお待ちすることも可能です。是非ともマツモトキヨシビル6階のマルカ銀座本店へ!

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    横尾 俊寛

  • お客様イメージ

    京都府
    50/女性

  • ふきだし
  • 昔の金を売りたいのですが

    金の買取価格を調べていると色々買取店があってよく基準がわかりません。 相場と買取価格は違うのでしょうか? 手数料なども気になります。

  • 金相場・金買取価格についてですが、価格に関しては各買取店によって異なります。 金相場基準はどこも同じですが、その相場に応じて買取価格をいくらにするのかは買取店の自由になります。 金相場が5000の場合、単純に高いお店は4800や4900円などを付けますが、安いお店は手数料などと言って合計の20パーセントなどを引かれる場合も御座います。 表示価格が高くても結局手数料を取られるとかえって損をする場合も。 しかしマルカの金買取価格は相場に対してどこよりも高く提示しておりますし、手数料も完全無料となっています。 金相場ではなくマルカでは「実際の買取価格」を店頭・ホームページにて公表していますのでその通りの単価で買取をさせて頂きます。 マルカの金買取・プラチナ買取はまず間違いありませんので、無料お見積りから是非ご利用ください。 ご利用お待ちしております。 マルカの新店舗・京都四条河原町・京都マルイ店もオープンしております。

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    西野 順平

MARUKA(マルカ)店舗ご案内

京都で創業昭和28年の老舗買取店MARUKA(マルカ)。全国に現在13店舗ございます。

東京エリア

阪神エリア

福岡エリア

京都エリア

LINE@で査定

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875
MARUKA(マルカ)のアーティテュード買取について

今回は日本にシルバーアクセサリーがブームとなる前2000年頃に君臨していた玄人向けのシルバーアクセサリーブランドアーティテュード(Artitude)のご紹介をさせていただきます。
今回は日本にシルバーアクセサリーがブームとなる前2000年頃に君臨していた玄人向けのシルバーアクセサリーブランドアーティテュード(Artitude)のご紹介をさせていただきます。
MARUKA(マルカ)ではこういったマニアックなシルバーアクセサリーブランドのアーティテュード(Artitude)買取も大歓迎です。

アーティテュード(Artitude)のデザイナーはダリル・コブ(DARRYL COBB)という人物で元造園技師をしていたそうです。
シルバーデザイナーとしては異色の肩書きの持ち主で、造園技師をしていたということから、その作品には植物、蔦(ツタ)、棘(トゲ)、葉(リーフ)などのデザインが組み込まれています。
LOS ANGELES(ロサンゼルス)で生まれたダリル・コブ(DARRYL COBB)は幼少期から様々なモノを製作していたと言われています。
活動の拠点は1988年にMalibu(マリブ)に移り住んだのをきっかけに、本格的にアクセサリーを製作始め、シルバーアクセサリー作りのきっかけを与えたのがガボール(GABOR)のガボール・ナギーだったそうでアーティテュード(Artitude)の作品の中にはガボラトリー(Gaboratory)のテイストを感じさせる作品も存在します。

工房を構えた当初はシンガーソングライターのレニー・クラヴィッツ(Lenny Kravitz)などミュージシャンのオーダーメイドのみの製作だったそうですが、シルバーアクセサリーブームの流れで日本でも取扱が開始されました。

Malibu(マリブ)はビルウォールレザー(BILL WALL LEATHER)やトラヴィスワーカー(Travis Walker)などの拠点ともなっています。

アーティテュード(Artitude)は日本では東京、恵比寿にある日本の銀ムーブメント発祥のショップで長年取り扱いされていたそうです。
展開はリング、ペンダント、ブレスレット、ウォレットチェーン、レザーウォレット、ベルトまで幅広い商品展開でした。
ウォレットに関してはレザーの魔術師と呼ばれている、ヴァンアンバーグレザーズ(VAN AMBURG LEATHERS) のジェリーバンアンバーグやビルウォールレザー(BILL WALL LEATHER)のウィリアム・クレイグ・ウォールなどが手掛けていたそうです。

アーティテュード(Artitude)の作品は今となっては情報が少ないですが、スカル、クラウンスカル、ジェスタースカル、スパイク、ヴィアマナ、バレル、ギーガースタイルリンク、ホグスタースカルなど様々なモチーフのパーツやリンクがありました。
クロムハーツ(CHROME HEARTS)やA&G、レナード カムホート(Leonard Kamhout)など、当時の人気のシルバーブランドとはアーティテュード(Artitude)対照的でハードなデザインが主流で、一般受では無く、ハードテイストフリークスにだけ愛されているというところが、「マニアご用達シルバーブランド」として静かにブレイクしていたそうです。
また、このテイストのハードさは「Malibu(マリブ)で出会った海賊がしていた」というウソの様な実話まであるほど。超ハードな生き方をする人間にしか似合わないと当時は言われていた伝説のアーティテュード(Artitude)買取もMARUKA(マルカ)では買取大歓迎です。

MARUKA(マルカ)は現在全国8店舗、東京の銀座本店や渋谷店、もちろん京都のMARUKA WATCHに七条店、西院から四条通を東へ進めば大宮店と四条店。そして待望の京都市内北部に北山店があります。福岡天神店ではショッピングタウンの天神にて営業中。全ての店舗でシルバーアクセサリー高価買取中です。
とりあえず、お値段を知りたい方はLINE(ライン)で査定をご利用ください。写真を撮って送るだけのLINE(ライン)で査定ならすぐにおおよその買取価格がわかります(買取価格を保証する物ではありません、最終的な買取価格は現物を確認してからです)
ではこういったマニアックなシルバーアクセサリーブランドのアーティテュード(Artitude)買取も大歓迎です。

アーティテュード(Artitude)のデザイナーはダリル・コブ(DARRYL COBB)という人物で元造園技師をしていたそうです。
シルバーデザイナーとしては異色の肩書きの持ち主で、造園技師をしていたということから、その作品には植物、蔦(ツタ)、棘(トゲ)、葉(リーフ)などのデザインが組み込まれています。
LOS ANGELES(ロサンゼルス)で生まれたダリル・コブ(DARRYL COBB)は幼少期から様々なモノを製作していたと言われています。
活動の拠点は1988年にMalibu(マリブ)に移り住んだのをきっかけに、本格的にアクセサリーを製作始め、シルバーアクセサリー作りのきっかけを与えたのがガボール(GABOR)のガボール・ナギーだったそうでアーティテュード(Artitude)の作品の中にはガボラトリー(Gaboratory)のテイストを感じさせる作品も存在します。

工房を構えた当初はシンガーソングライターのレニー・クラヴィッツ(Lenny Kravitz)などミュージシャンのオーダーメイドのみの製作だったそうですが、シルバーアクセサリーブームの流れで日本でも取扱が開始されました。

Malibu(マリブ)はビルウォールレザー(BILL WALL LEATHER)やトラヴィスワーカー(Travis Walker)などの拠点ともなっています。

アーティテュード(Artitude)は日本では東京、恵比寿にある日本の銀ムーブメント発祥のショップで長年取り扱いされていたそうです。
展開はリング、ペンダント、ブレスレット、ウォレットチェーン、レザーウォレット、ベルトまで幅広い商品展開でした。
ウォレットに関してはレザーの魔術師と呼ばれている、ヴァンアンバーグレザーズ(VAN AMBURG LEATHERS) のジェリーバンアンバーグやビルウォールレザー(BILL WALL LEATHER)のウィリアム・クレイグ・ウォールなどが手掛けていたそうです。

アーティテュード(Artitude)の作品は今となっては情報が少ないですが、スカル、クラウンスカル、ジェスタースカル、スパイク、ヴィアマナ、バレル、ギーガースタイルリンク、ホグスタースカルなど様々なモチーフのパーツやリンクがありました。
クロムハーツ(CHROME HEARTS)やA&G、レナード カムホート(Leonard Kamhout)など、当時の人気のシルバーブランドとはアーティテュード(Artitude)対照的でハードなデザインが主流で、一般受では無く、ハードテイストフリークスにだけ愛されているというところが、「マニアご用達シルバーブランド」として静かにブレイクしていたそうです。
また、このテイストのハードさは「Malibu(マリブ)で出会った海賊がしていた」というウソの様な実話まであるほど。超ハードな生き方をする人間にしか似合わないと当時は言われていた伝説のアーティテュード(Artitude)買取もMARUKA(マルカ)では買取大歓迎です。

MARUKA(マルカ)は現在全国8店舗、東京の銀座本店や渋谷店、もちろん京都のMARUKA WATCHに七条店、西院から四条通を東へ進めば大宮店と四条店。そして待望の京都市内北部に北山店があります。福岡天神店ではショッピングタウンの天神にて営業中。全ての店舗でシルバーアクセサリー高価買取中です。
とりあえず、お値段を知りたい方はLINE(ライン)で査定をご利用ください。写真を撮って送るだけのLINE(ライン)で査定ならすぐにおおよその買取価格がわかります(買取価格を保証する物ではありません、最終的な買取価格は現物を確認してからとなります)

総合トップへ
LINE@で査定