いらないものを捨てて、ミニマリストになろう!

モノが多すぎてなんだか疲れる…

 

断捨離という言葉を知っていますか?2010年の流行語にも選ばれた言葉で、ヨガの考え方である「断行」「捨行」「離行」 が取り入れられています。

 

断行:これから入ってくる不要なものを断つ(買わない)

捨行:いま持っている必要ないものを捨てる

離行:物へ執着することから離れる(物欲をなくす)

 

断捨離は、「いらないものを捨ててシンプルに生きよう」というライフスタイルの変化を促すメッセージ。近年では断捨離を実践する「ダンシャリアン」や「ミニマリスト」があらわれ、私達の生活に定着しつつあります。

必要最低限のモノで暮らす

 

断捨離を実践するミニマリストが最近急増中。ミニマリストとは「ミニマル」を語源に持つ言葉で、日本語でいうと最小限という意味になります。ミニマルは、ファッションや音楽、アートの世界でも、余分なものを排除する洗練されたスタイルとして親しまれています。ミニマリストは必要最低限のモノだけで暮らす人たちの総称。日々断捨離を実践しながらライフスタイルにシンプルな美しさを追求しています。

 

日本には伝統的に「モノを大切にする」という思想が根付いており、ひとつのモノを長く使うのが美徳とされてきました。しかし、逆に「モノを大切にする」という思想が邪魔をして、モノを捨てることができないという方も多いようですね。そんな方々にこそ、ミニマルなライフスタイルや断捨離の思想はぴったりだといえるでしょう。

「もったいない」があなたの邪魔をしているかも…

 

モノを捨てられない、最大の理由は「モノは大切に使い続けなければならない」という固定概念にあるのではないでしょうか?モノを使い続けるという思想はとても美しいですが、使わないモノを部屋に置き続ける理由はほとんどありません。それによって快適な生活空間が圧迫されると、心身に悪影響をきたします。環境が人に与える影響を考えると、ミニマリストたちが実践するライフスタイルは、人にも環境にも優しい生き方だといえるでしょう。

 

「安さと便利さ」よりも「質と継続性」

 

ミニマルなライフスタイルを実現するうえで大切なのは買い物の仕方。ミニマリストと聞くと「欲しいものを我慢する」というふうに考えがちですが、彼等は食品、日用品、食器、調理道具、家具、衣服に至るまで、すべてのモノに「長く使い続けられる質」を求めます。

 

一般的なスーパーで流通しているものは大量消費を目的に作られたものが多く、リーズナブルで便利ですが、すぐに使えなくなってしまう場合もあります。そんな製品は時には有能ですが、それが当たり前になると次々に新しいものを購入して、モノがどんどんと増えていくのです。

 

ミニマリストはモノを長く使い続けるという前提で品定めをするので、安さや便利さよりも質と継続性を求めます。そのため、新たに買い替える機会が少なくなり、必要最低限の買い物でもこと足りるのです。ミニマリストになることで、断捨離でいう所の「断行:これから入ってくる不要なものを断つ(買わない)」と「離行:物へ執着することから離れる(物欲をなくす)」を自然に実践することができるのです。

 

このような、ミニマルな思想は、人間関係や働き方にも影響を与えます。人や仕事に対しても質や継続性を求め、自分に合った人や仕事を丹念に選び、ゆっくりと信頼関係を築いていきます。人でもモノでも仕事でも、入れ替わりが激しいと心が荒んでいきます。質と継続性を求めることによって、より成熟した精神を育むことができるでしょう。

まずは出張買取から、断捨離をはじめよう!

 

「整理整頓ができない…」「部屋にモノが多すぎて、なんだか疲れる…」

そんなあなたには、ライフスタイルの変化が必要かもしれません。自分の生活を一から見直して、必要最低限のモノで生活するミニマリストを目指してみましょう!もしもあなたがミニマリストへの道を歩むなら、最初にすることはもうお分かりですよね?そう、断捨離です。まずはあなたの部屋に溢れたモノを処分しましょう!そして、長く使い続けることが可能な質の高いものをしっかり選んで購入しましょう!「全部捨ててしまうのは、さすがに気が引ける…」という方には買取サービスがおすすめ!最近では出張買取もおこなっているので、モノを無駄にせずに気軽に買い取ってもらえますよ!

btn_cv_pc