知らなきゃ損する!貴金属のお手入れ方法

ジュエリーボックスの中にアクセサリーたちがしまいっぱなしになっていませんか? 化粧や汗で汚れたアクセサリーをそのまま放置しておくと、黒ずみや黄ばみといったくすみの原因になってしまいます。

 

いざ使おうと思って取り出したとき、汚れて使えない……なんてことがないように、ここではお手入れの方法をご紹介します!

シルバー、ゴールドの基本的なお手入れ方法

・シルバー

白く美しい光沢と繊細な装飾が美しいシルバーのアクセサリー。空気中の硫化水素と反応しやすい性質を持つため、少し放っておくとすぐに黒ずんでしまうのが悩みどころです。うっかりしがちなのが、温泉。硫黄成分が含まれた温泉に、シルバーアクセサリーをつけたまま入ると……あっという間に、真っ黒に。

 

日常のシルバーのお手入れ方法としては、柔らかい磨き布でこまめに磨いてあげること。定期的に磨いてあげるだけで、黒ずみを防ぐことができます。

 

たまにお手入れするのであれば、研磨剤を用意してジュエリー専用の磨き布で。装飾が細かい場合は、研磨剤を柔らかい歯ブラシにつけて磨くように。念入りに汚れを落としたい場合には、専用の洗浄液を使うという手もあります。少し浸しておくだけで、見違えるように輝きを取り戻します。ただし、いぶし加工まで綺麗になってしまったり、宝石と成分が合わないものもありますので、洗浄液を使う際には説明書きをよく読んで使用しましょう。

 

・ゴールド

ゴールドは、シルバーよりも変色しにくい宝石ですが、汚れなどで曇ったようなくすみが出てしまうことも。汗や化粧による汚れが気になる場合には、水に中性洗剤を溶かして優しく洗い落としましょう。それだけで美しさが蘇ることもあります。その他の基本的なお手入れ方法はシルバーと同じで、柔らかいクロスで磨いたり、専用の洗浄液を使用するといった方法があります。

 

シルバーもゴールドも、空気に触れることで劣化が進む素材です。保存する際にはなるべく空気に触れることがないように、ジップ付きのビニール袋に入れるなどして保管するようにしましょう。

綺麗にしておくと得をすることも!

シルバーやゴールドの基本的なお手入れ方法をご紹介しましたが、宝飾品は基本的にデリケートなもの。また、宝石は柔らかくて傷つきやすいものも多いので、そういった宝石がついているアクセサリーは特に注意してお手入れするようにしましょう。

 

ファッションやお化粧とともに、自身の美しさを引き立ててくれるアクセサリー。お手入れしていつでもピカピカにしておけば、身につけていて気持ちがいいのはもちろん、手放すときにも思わぬ得をすることがあります。

 

宝飾品を引き取ってくれる専門買取店の多くは、しっかりとした鑑定眼を持ったスタッフが査定をしてくれます。ちょっと擦っただけでも、買取価格はガクッと下がってしまうことも。逆に、きちんとお手入れして綺麗な状態で持ち込むと、「状態がいい」ということで高い値がつくことがあるのです。

 

ジュエリーボックスの中でずっと使わず置いてあるアクセサリーはないでしょうか。今後、もう使うことがないのであれば、普段使いのアクセサリーと一緒にきれいにしてあげて買取に出してみましょう。新しいアクセサリーを買うお小遣いが手に入るかもしれませんよ。

 

▶ブランド買取なら金やプラチナ高価買取の京都マルカ