知ればもっと好きになる!エルメスの歴史

世界を代表するフランスのファッションブランド「エルメス」。「ケリーバッグ」や「バーキン」など、高品質でファッショナブルなエルメスのバッグは、まさに女性にとっての憧れとなっています。そんなエルメスは1837年、パリで高級馬具の工房として創業しました。ナポレオン3世やロシア皇帝などを顧客として発展していったエルメスは、自動車時代の到来と馬車文化の衰退を早くから予知し、次第に事業を多角化していきました。1892年に馬具製作で培った革に対する技術を応用した「サック・オータクロア」と呼ばれるバッグを発表してからは、腕時計や服飾品、香水などさまざまな製品を生み出していきました。

 

高級馬具工房から発展していったエルメス

エルメスがもとは馬具工房だったというのは、ブランドロゴに描かれているデュックと(四輪馬車)とタイガー(従者)からも見て取ることができます。主人が描かれていないこのマークには、「エルメスは最高品質の場所をご用意しますが、それを御すのはお客様ご自身です」というエルメスからのメッセージがこめられているのだといいます。まるで使ってくれる主人を待っているようにも見えるデュックとタイガーは、生活にワクワク・ドキドキを与えてくれるエルメスにぴったりのマークです。

 

鞍や手綱といった馬具には、人や馬にしっくりと馴染むなめらかさや耐久力、加工しやすいしなやかさ、美しさなどが必要となります。高品質な革と、それを加工する熟練の職人たちの技術力が、高級馬具工房エルメスの強みでした。現在もそれは変わらず、革のバッグなどはエルメスのアトリエで、職人が1つ1つ手作業で手がけています。革のカットから縫合、仕上げまで1人の職人が手がけたバッグは、修理に出した際にもその職人の元へ送られるといいます。その商品へのこだわりこそが、創業当時から現在に至るまでエルメスが愛される理由なのかもしれません。

戦時中の偶然から誕生したエルメス・オレンジ

また、ブランドロゴと同じく印象的なのが、鮮やかなオレンジ色の包装紙やボックス。気品とかわいらしさを備えたエルメス・オレンジは、見ているだけで心が華やぎます。確かな技術と品質によって高い評価を得ていたエルメスですが、そのブランドを象徴するカラーが決まったのは第二次世界大戦中のこと。それまでは包装紙やボックスにはヌーディーなベージュカラーをしていました。しかし戦時中で物資が不足している中、たまたまオレンジ色の包装紙を使用したところ、これが大評判に。戦後もそのまま使われ続け、正式なブランドカラーとして採用されたのです。

 

本物であることを表すギャランティーカードやボックスなどの付属品は、その商品の価値をさらに高める効果があります。大切に使っていたエルメス製品を、もし買取専門店へ持ち込むことになった場合には、エルメス・オレンジのボックスやショッピングバッグも一緒に買取査定に出すことをおすすめします。

 

▶ブランド買取なら金やプラチナ高価買取の京都マルカ