知らないと損! 今、注目の遺すべき「最適な資産」とは!?

資産運用に最適なモノとは?

 

国債の暴落による経済不況、株価の暴落、いつ起こるともしれないリーマンショック時のような大混乱、そして慢性的な通貨不信……。

 

そんな不安定な昨今、ある資産が注目されています。

世界共通で価値があり、実物資産であるため経済状況による価値の変動もなく、もしもの時に紙幣のように燃えてしまう心配もない。さらに現在、10年前と比較して相場は約3倍、15年前と比較すると約4.5倍となっており、今後も上がっていくと予想されている。そんな有用な資産が「金」です。

 

金は上記の理由から、株式などと比較して非常に安心感のある資産であるため、資産運用をする人から注目を集めているのです。特に、「安定した個人の資産」として保持・運用する方が増加しています。今後安定した資産の保持・運用をお考えならば、金の購入、特にもっともシンプルな形であるインゴットバーの購入を検討することをおすすめします。

「インゴットバー」をご子息に

 

インゴットバーは、安定した資産であることが魅力。すぐに価格が高騰するわけではないので、手元に置いておくべき資産だといえます。そのため、金の資産運用を行う場合、ご子息に資産として遺す方が非常に多いのです。時間はかかりますが価値が上がっていくことが予想されるため、安心してご子息に遺すことができます。

 

ご子息に遺す際には、贈与税の問題があります。実際の贈与の際、年間110万円以上の贈与をすると贈与税が発生してしまい、結果として遺産の総価値が大きく下がってしまうことになりかねません。

 

複雑な問題に思えますが、実は解決する方法があります。それは、年間110万円以下で贈与を行えるように分割するという簡単なものです。

 

まず、現在持っているものが110万円よりも高いインゴットバーであれば、一度現金化します。その後、コインなどのように小さなインゴットを購入。そして、年間110万円以下で贈与を行えばいいのです。

このように賢く贈与するために、生前贈与としてしっかりと準備をしておきましょう。準備をしておくことで、遺産を複数人のご子息へ贈与しやすくすることも可能です。

資産についてのお悩みは、マルカにお任せ

 

「上手い資産運用の方法がわからない」「生前贈与ってどうやればいいの?」「インゴットバーの小分けって結局どうすればいいの?」このような疑問をお持ちの方。ぜひ一度、ブランド品買取専門店マルカにご相談ください。

金買取り・プラチナ買取は京都マルカへ

btn_cv_pc