15年で約4.5倍の価値に!堅い資産「金」が秘める可能性

 

今、「金」の価値に改めて注目が集まっています。というのも、「金」は10年前と比べて約3倍、15年前と比較すると、なんと約4.5倍もの小売価格で推移しているからです。

 

かねてから「燃えない資産」として投資家から一目置かれる存在であった「金」。今回は、京都マルカで査定士を務める川本英貴が、「金」が秘める可能性について語ります。

18金と24金、純金の違い

 

まず、「18金と24金、純金の違い」をおさらいしておきます。この違いは、ずばり「金」の含有量です。ほぼ100%「金」であれば、「24金」「純金」となります。言葉は違いますが、「24金」と「純金」は同じです。「18金」とは「金」の含有量が75%のものを指します。ちなみに、ヨーロッパでは「24金」「純金」を「1000」、「18金」を「750」と表記したりもします。

 

アクセサリーやジュエリーに「18金」が多いのは、加工がしやすいためです。「金」の含有量が75%なので、残りの25%に銅などを使って強度を高めたり、色を付けたりします。

中・長期的に見れば「金」の価値が暴落することは考えにくい

 

日本では「18金」をよく見かけますが、「18金」の人気が高いのは、実は日本とヨーロッパの一部くらいなのです。他の国では、「24金」「純金」が好まれています。これは、「金」が「通貨」の代わりとして考えられているからです。平たく言えば、いざというときに換金するため。換金するなら、含有量がほぼ100%の「24金」「純金」の方が「18金」よりも当然高くなりますから。特に中国や東南アジアの国々で、その傾向は顕著ですが、「自国の通貨に不安を感じている」ということが背景にあります。

 

昔から「金」は「有事の金」といわれ、世界のどこかで政情不安が起きると、価格が高騰しました。ただ、現在、10年以上にわたって価格が右肩上がりを続けているのは、「その時の有事」よりも「慢性的な通貨不信」という要素が強い印象です。裏を返せば、「燃えない資産」「壊れない資産」という「金」が持つ性質そのものが安心感を生み、高く評価されているのだと思います。ですので、中・長期的に見れば価値が暴落すること考えにくく、今後も安定的に価格は伸びていくと予想しています。

節税対策と将来への投資、2つの役割を果たすインゴット

 

そんな「金」を資産として持つことを考えるのであれば、インゴットがおすすめですね。インゴットとは金の塊で、その形状はバー(延べ棒)やプレートが一般的です。インゴットは、「金」の含有量がほぼ100%という点においては「24金」「純金」と同じなのですが、別物として扱われます。そのため、ほんの少しですが、買取価格も同じ重さの「24金」「純金」より高くなるんですよ。また、購入金額と売却価格に大きな差が生じにくく、リスクが少ないため、はじめて投資にチャレンジされる人にとっても最適です。

 

そして、インゴットは、節税対策につながる生前贈与においても役立ちます。贈与税は年間110万円までは非課税ですので、その金額分、子どもや孫にインゴットで贈与します。すると、節税効果を受けられるだけではなく、「金」の価値が上がれば資産が増えることにもなるのです。もし、将来的な課税を気にされるのであれば、あえて非課税枠より少し多めの金額を贈与して、インゴットの贈与時に少額を納税しておきましょう。納税証明書が発行されますし、税の二重課税は法律で禁止されているため、贈与後の「金」の高騰による利益分については課税される心配はなくなります。

金買取り・プラチナ買取は京都マルカへ

わかりやすい「金」は「堅い資産」であり続ける

 

最後に、「金」を売却するときの注意点をお伝えしておきます。「金」の価格は、含有量で相場が決まります。「18金」は、世界中どこでも「18金」なのです。その形状などで、買取価格が下がることはありません。逆に、交渉していただいても、「金」の買取価格が上がることはありません。

 

「金を売るとき、どういう店を信用したら良いのかわからない」といったご質問をいただくこともありますが、そのときは「お店に電話して『今日の18金の買取価格を教えてください』と聞いてみてください」とお伝えしています。「金」の取引金額は毎日変動し、それは世界共通です。よって、「18金であれば1gあたりいくらです」と即答できないと、本来おかしいのです。「モノを見せてもらわないとわからない」と言ったり、コソコソとバックヤードで査定しようとしたりするところは警戒した方が良いかもしれませんね。

 

ちなみにマルカでは、お客様の目の前で査定をします。査定と言っても、重さを量って、その重さに1gあたりの金額を掛け合わせるだけですが。しかし、透明性を大切にしたいので、明細には商品ごとに重さと金額を記載するようにしています。また、手数料を頂戴していませんので、その日の相場とほぼ同等の金額で買取をさせていただいています。

まとめ

 

「金」の信用は世界的に厚く、今後も「堅い資産」であり続けそうです。はじめての投資に、また、生前贈与に「金」を選ぶ。それは「賢い選択」と言えるかもしれません。

 

▶️ブランド買取なら金やプラチナ高価買取の京都マルカ