親子で実践!「収育」が子どもの成長に与える影響

 

世間では、子どもへの食に関する教育、「食育」がかなり浸透してきましたが、今さらに新しい教育が話題となっています。それが「収育」と呼ばれる、「収納・お片付けを通して行う子どもの教育」。片付けるという行為は、子どもの成長に思いがけないほどの影響を与えます。その影響とはどのようなものなのでしょうか。また、楽しくお片付けの習慣が身につくにはどのようにすればいいのでしょうか。

収育は子どもだけじゃなく大人も育てる!

 

お片付けの中で行う、「出したものを元の場所に戻す」「色や形、用途によって分別する」「片付ける順番を考える」といった行為で、子どもには自分で考える力が身につきます。そういったことを繰り返すことにより、子どもは自分にとって必要なものや大切なもの、不要なものを知り、ものの大切さを知っていくのです。また、自分のものを自分で管理することにより、自分のことは自分でやるといった自立心を育てることができます。

さらに、収育では子どもだけでなく、大人に対しても行われます。「忙しいから待っている時間がない」「子どもはきちんとできないから」といった理由で、子どもが自分でやる前につい先回りして片付けてしまっている親御さんも多いのではないでしょうか。あるいは、自身も片付けが苦手で、正しい片付け方ができていないという親御さんもいます。収育では、お片付けを通して、子どもたちの自主性や自立を促し、同時に大人も「黙って見守ることのできる力、一緒に片付けができる力」を身に付けることを目指します。大人が子どもたちの手本となることで、子どもへの収育も効果的に行うことができるのです。

すっきりした部屋で楽しく収育!

 

収育で子ども自身に楽しくお片付けをさせるためには、子ども自身のスペースを作って管理させたり、収納がしやすいようにボックスを用意するといった工夫をしてあげたり、子どもが片付けやすい環境を作ることが大切です。子どもですから、時間がかかってしまったり、仕舞い方がぐちゃぐちゃだったり、大人からみるとまったく片付いていない状態で「片付けた!」と言うこともあるでしょう。そういったときは完璧を求めるのではなく、「子どもが自ら片付けた」という事実を褒めてあげましょう。小さな成功を積み重ねることで、子どもは徐々に自分の持ち物をしっかりと管理し、身支度などの準備やお手伝いにも積極的に行えるようになるのです。

 

子ども専用のスペースを作ってあげたり、収納しやすい工夫をしてあげたり、子どもに片付けのお手本を見せるためには、大人が片付けをきちんとやっていることが大切です。整理整頓は難しいものですが、いっぱいになった押し入れやクローゼットを開けて、もう使わないものやなくても困らないもの、いらないものを処分してみましょう。それだけで部屋がすっきりして、片付けも習慣化しやすくなります。不要になったものの処分には、ゴミに出したり、人に譲ったり、買取専門店で買取ってもらったりと、色々な方法があります。すっきりした部屋で、大人も子どもも収育に楽しく取り組んでみましょう。

 

▶️ブランド買取なら金やプラチナ高価買取の京都マルカ