貯金

◯◯を綺麗にするだけ!お金が溜まりやすくなる?!

「頑張って働いているのに、お金が溜まらない」「つい無駄なモノまで衝動買いしてしまって、貯金ができない」「なんだか自分は金運がない気がする」。もし、これらいずれかに当てはまるのであれば、それは「あるモノ」が原因かもしれません。

 

その「あるモノ」とは、「財布」です。

 

あなたは、自分の財布を堂々と他人に見せることができますか?「財布は持ち主を表す」と言われています。財布の扱い方、そして、お金との向き合い方で、その人の金運までガラリと変わってしまうもの。人生で成功している人の財布は、スリムで見た目が綺麗であることはもちろん、中身も整理整頓されている傾向にあります。

 

今回は、金運を引き寄せる財布の整理術をお伝えします。

財布自体が綺麗でなければ、お金は寄り付かない

風水では、「財布の寿命は3年」と言われています。それは、2年を超過すると財布のエネルギーが落ち、必然的に金運がダウンするためです。

 

それに、長年、使っていると、どうしても財布自体が汚れたり擦り切れたりしてしまいます。いわば「財布は、お金のお家」。人と同じで、お金も「綺麗なお家に入りたい」のです。財布自体が綺麗でなければ、お金は寄り付きません。

 

くたびれた財布は、思い切って買い替えましょう。お金が心地良く入ることのできる、見た目が綺麗な財布を持つようにしてください。

レシートや領収書を財布に入れるのはNG!

ただ、見た目が綺麗なだけでは十分ではありません。先述したとおり、「財布は、お金のお家」です。財布の中が散らかっていると、お金はゆっくりとくつろぐことができません。日頃から、しっかりと整理整頓をしておきましょう。

 

特に、すぐに溜まってしまうレシートや領収書は財布に入れないようにするか、1日の終わりに必ず財布から出すようにしてください。レシートや領収書は「支出の証明書」です。財布に一緒に入れていると、お金が「ここから出ていかねば」と思ってしまいます。

 

また、財布に入れるカード類も必要最小限に。クレジットカードやポイントカードで財布がパンパンになると、お金の流れを塞き止めてしまいます。ちなみに、カード類は8枚がベスト。風水や占いの数秘学において、8という数字は幸運、発展、富を意味します。

 

さらに、お金の流れを良くするために、財布にお札を入れる際、種類と向きを揃えておくと良いでしょう。

本当に必要なモノだけを財布に入れる

財布整理のポイントは、「本当に必要なモノだけを財布に入れること」です。そうすれば、スリムな財布となって、型崩れも予防することができます。そして、使いやすさが格段に向上するだけではなく、お金にとっても居心地の良い財布となり、使っても戻ってきてくれるようになります。

 

ほんの少しの心がけで金運を引き寄せることができます。お金がずっといたくなる、そして、また戻ってきたくなるような財布を普段から持つようにしましょう。

 

▶ブランド買取なら金やプラチナ高価買取の京都マルカ

中西 直美(なかにし なおみ) 片付けアシスタント

平成25年、日本ハウスクリーニング協会にて整理収納清掃コーディネーター1級、認定セミナー講師を取得。平成27年3月、片付けアシストNaro(なろう)を立ち上げ、片付けアシスタントとして活動を開始。大阪を拠点に整理収納サービス、片付けや掃除に関するセミナー・講演を展開し、収納商品の企画開発にも携わる。整理収納サービスでは、本当に必要なモノだけを残し、モノを限界まで減らす片付け術で、散らかった部屋も快適な空間へと劇的に変化。また、弥果恩(みつかおん)名義で占い師としても活動しており、占術や風水を取り入れた運気アップの片付け術も好評。■HP:http://kireini-naro.com/