◯◯のように扱うべし!大事なロレックスのお手入れHowTo

高級腕時計でありながら、頑丈で使いやすいロレックス。大切な腕時計なのですから、いつまでも綺麗な状態で使用したいですよね。それには、やはり普段からのお手入れが欠かせません。ロレックスのお手入れのポイントは「大切な相棒のように扱うこと」。大切な気持ちを込めて丁寧にお手入れをしてあげれば、ロレックスはいつまでも美しく、資産としての価値を保ち続けてくれるでしょう。大切なロレックスのお手入れ方法について、具体的な方法をご紹介します。

相棒のように扱うべし。お手入れの方法

・綿棒や爪楊枝で徹底的にお掃除!

日々のお手入れとしては、柔らかな専用クロスで拭くのが基本です。腕時計についた汗や皮脂は、そのままにしておくと汚れの原因になってしまうため、毎日こまめに拭くことが重要となります。しかし毎日拭いていても、腕時計には細かい部品が多く、どうしても隙間に汚れが溜まってしまうもの。定期的に綿棒や爪楊枝で徹底的に掃除してあげましょう。クロスで拭えない汚れは綿棒で、細かくて拭いにくい場所は爪楊枝で掻き出すように丁寧に掃除すると綺麗になります。ほったらかしで凝固してしまった汚れの場合、ベンジンやアルコールを綿棒に軽く染み込ませて拭うと取れやすくなります。

 

・ベルトを外すなど分解してお手入れ

通常、ベルト交換などでベルトとケースを分離させるには、時計屋などの専門店で行いますが、バネ棒外しという道具があれば自分でもベルトを外すことができます。コツを掴めば簡単にベルトを外せる上、道具も比較的入手しやすいため、気軽にチャレンジしてみるといいでしょう。ベルトを外せば掃除がしやすくなります。ベルトのみであれば薄めた中性洗剤などで水洗いをしたり、柔らかい歯ブラシで汚れを掃除したりすることも可能。徹底的に洗った後は乾いた布でよく拭い、水分が残らないよう、よく乾かしましょう。

 

・海に行くときの注意点

ロレックスのモデルの中には、海でも使用できる防水仕様のものもあります。その際に重要なのが、海に入る前にリューズやプッシュボタンを確認することと、入ったその後のお手入れ。リューズが開放されていた場合は防水機能が働かず、内部に浸水してしまうため必ずチェックしましょう。また、海に入った後の腕時計は塩分や雑菌だらけのため洗浄が必須ですが、シャワーでの洗浄は水圧が強すぎるため禁物です。洗面器などに溜めた水に浸しながら、柔らかいブラシなどで隙間まで丁寧に掃除しましょう。

おかしいな?と思ったらすぐに専門店へ

いかがでしたか。いくら耐久性が高いロレックスといえど、繊細な腕時計であることには変わりありません。大切な相棒を扱うように、ケアは丁寧に行ってあげましょう。お手入れの最中に少しでも異変を感じたり、お手入れ方法を間違ってしまった際には、すぐに専門店へ持ち込みましょう。ムーブメント内部に水やゴミが入り込んでしまった場合は、専門店でなければ適切な処置ができないことがほとんど。時間が経てば経つほど状態が悪化してしまうことも多いため、「しまった!」と思ったら速やかにプロにみてもらうことをおすすめします。

そうして大切にお手入れを続け、良い状態を保ち続けたロレックスは、買い取りの際にも高評価を得ることでしょう。古いモデルの場合や、付属品などがついていない場合であっても、本体の状態が良ければ思わぬ額がつくことも。いつまでも使い続けられるように、手放す際にも気持ちよく手放せるように、大切に扱ってあげましょう。

 

▶ブランド買取なら金やプラチナ高価買取の京都マルカ