生前整理っていつから始めるの?疑問を解消!

願うのは家族の幸せ

 

死を意識すると「家族に対する恋しさを感じる」という方いませんか?死は自分の人生のエンディングであり、最愛の家族との別れでもあります。自分が亡くなった後も、家族に元気で幸せに暮らして欲しいと願うのは、とても自然な感情でしょう。そんな気持ちが頭をよぎったとき、一度考えてみて欲しいのが生前整理です。生前整理とは、まだまだ元気でしっかりと判断力があるうちに自分の持ち物を整理しておくことをいいます。自分の遺品をどのように配分するか決めておくことで、遺品の分配がスムーズになります。

家族のためだけでなく、あなたのためにも

 

「まだ元気なうちから、死んだ後のことなんて考えたくない!」という方もいるかもしれませんが、生前整理は自分のためにも必要な行為。例えば、今までの人生で実現できなかったことを挙げてみましょう。行きたい場所、会いたい人、食べたいモノ、欲しいモノなど、自分の中で整理して「これだけは死ぬまでにやりたい!」ということをピックアップ、可能なものから少しずつ実現していくのです。そうすることで、後悔することなく満足して生涯をまっとうすることができます。家族のためだけでなく、自分の人生のためにも生前整理はとても有益な行為なのです。

もめごとの原因となる遺品整理

 

「遺品整理」は、家族のもめごとの原因になります。誰にどんな遺品が分配されるのか?あらかじめ決めていないと、遺品なのか、それとも形見なのか判断することが難しくなります。その結果、どんなに仲のいい家族でも、もめごとに発展してしまうのです。遺産相続では、家庭崩壊や殺人などの重大事件に発展してしまうこともあります。遺品整理でも同じようなことが起こる可能性は十分に考えられます

早めにはじめることで、みんなが納得する遺品整理が可能

 

自分の死後の、家族の幸せを考え始めたあなた。この機会に今から、生前整理をはじめてみませんか?これから歳を重ねるにつれて、体力や判断力は衰えていきます。また、急病や事故で突然亡くなってしまうことも考えられます。なるべく早い段階にはじめることで、死後もめごとが起こらないように備えることができますよ。また、自分の意志だけではなく、家族とゆっくり話し合いの機会を持つことも大切です。納得いくまで考え、必要なものと不要なものを分けておきましょう。そうすることで、家族もあなた自身も余計な不安を抱えることなく、穏やかに過ごすことができます。

第三者に入ってもらい、納得できる遺品分配を!

 

家族、そしてあなた自身のために行う生前整理。後悔のないように余裕を持って行ないましょう。また、正確に持ち物の価値を知るためには、第三者に入ってもらうのもいいかもしれませんね。家族と利害関係のない第三者に査定してもらうことで、全員が納得できる遺品整理ができます。その際に協力してもらうのは、査定士が最適!生前整理を行う際には、査定士などの第三者の専門家に協力してもらうとよいでしょう。

btn_cv_pc