外側?内側?時計をつける向きで変わる印象

オシャレなチェーンベルトや、丸くてかわいい文字盤、かっちりした革ベルト、細長い文字盤など、さまざまな種類があって眺めているだけで楽しくなる腕時計。つけるとオシャレのレベルが1段階上がったような気がしますよね。そんな腕時計ですが、手首の外側と内側、どちらに文字盤がくるようにつけていますか?つけ方やマナー的にはどちらでも正解ですが、特に女性の場合、腕時計の文字盤が手首の内側にくるようにつけると、ちょっとしたしぐさの印象がずいぶんと変わります。

 

どうして?「女性は内側」という腕時計マナーのナゾ

日本では昔、「女性は手首の内側に腕時計をつけるものだ」というのが一種のマナーとされていました。その理由には諸説ありますが、主に女性に「おしとやかさ」が求められていたためでした。

懐中時計よりも小型で精密な腕時計は、開発された当時はかなりの高級品。主に上流階級の人々の装飾品として、また兵士やビジネスマンなどの男性がすぐに時刻を確認できる道具として扱われていました。時代が進むにつれ、一般の女性も腕時計を身につけるようになりましたが、「高級品すぎる」、「男性的すぎる」といった理由で、なるべく見せびらかさずに控えめに身につけることが求められていました。

また、昔の女性が普段着としていた着物にも理由があります。着物には、着崩れを防いだり、赤ちゃんに授乳しやすいように脇の部分に「身八つ口」と呼ばれるスリットが入っていました。腕を上げるなどして脇を開くと、このスリット部分から胸の部分が丸見えになってしまいます。そのことから、「女性が脇を開くこと」ははしたないしぐさであるとされていました。

こういった理由が重なり、日本では女性が腕時計をつける際には文字盤が手首の内側にくるように身につけ、時刻を確認するときには脇を開かずに腕を上げるのがマナーとされていました。男女平等が進んだ昨今ではこういったマナーも廃れつつありますが、確かに手首を倒して腕時計の時刻を確認する女性のしぐさは、どこかかわいらしく、上品に見えるものです。いつも外側につけている人は、くるりと腕時計を回して、文字盤が手首の内側にくるようにつけてみてはどうでしょうか。ちょっとしたしぐさの違いで、印象がガラリと変わるかもしれませんよ。

「手首の内側」は文字盤の保護にも有効

しぐさの美しさの他にも、文字盤の向きを変えるメリットがあります。それは、文字盤が傷つきにくいということ。文字盤が手首の外側にあると、ドアや壁などに腕があたった際に文字盤が傷ついてしまう可能性があります。手首の内側にあれば、必然的に文字盤の保護をすることが可能です。男性でも、船乗りや兵士など、腕時計をどこかにぶつけやすい職業の人は文字盤が手首の内側にくるようにつける人も多いようです。

美しい装飾や繊細な機構が魅力の腕時計。気に入って身につけたものほど細かな傷がついてしまうのは仕方がありませんが、できればいつまでも綺麗な状態で使いたいですよね。不要になって買取専門店に買い取ってもらう際にも、傷の有無などは大きく査定金額に関係します。長く綺麗に使って、高く売る。そのためにも、腕時計のつけ方を少し工夫してみるといいかもしれませんね。

 

▶ブランド買取なら金やプラチナ高価買取の京都マルカ