知ってる? 『デジタル遺品』の正しい処分方法

 

「デジタル遺品」の正しい処分方法、ご存知ですか?

デジタル遺品とは、故人が使っていたスマートフォンやパソコンに、データの形で遺された遺品のこと。たとえば、写真やメール、友人知人のアドレス帳といったメモリーに記録されているデータから、インターネットバンキングの口座や登録していたウェブサービスの有料アカウントなどさまざま。中には資産価値を有するものが含まれていて、相続の対象になる場合もあるのです。

 

デジタル遺品があることに気づけないまま、遺品整理を終えてしまったら、どうなるでしょうか。本来は遺産として相続対象になるものを見過ごして放置してしまう、ということも考えられます。それが原因で相続問題に発展することがあるかも知れません。また、有料サービスに登録していた場合には、遺族が解約するまで料金が発生し、口座から自動的に引き落とされてしまいます。

 

こうした問題を起こさないためにも、故人が「デジタル遺品」を遺していないか確認し、もしもデジタル遺品がある場合には、正しく処分することが重要です。

デジタル遺品専門の遺品整理サービスも

 

親しい人が亡くなってしまったとき、その人が使っていたスマートフォンやパソコンを、あなたは開くことができますか?故人の携帯電話やパソコンにアクセスしようとしても、パスワードなどでロックがかかっており、そもそも開くことすらできない、というケースはかなり多いといいます。また、もし開けたとしても、その中身は写真やメール、アドレスなど個人情報の塊。雑多に詰め込まれたデータの中には、必要な情報ばかりではなく、故人も家族も知られたくなかった・知りたくなかった情報も含まれているかもしれません。

 

最近では、そういったデータを取り出し、整理してくれる「デジタル遺品整理サービス」を行う業者が増えてきました。デジタル遺品整理サービスはその名の通り、ロックがかかった携帯電話やパソコンを開き、遺族が望む写真や資産といったデータを取り出してくれるサービスです。家族写真などの大切な思い出や、インターネット資産といった必要なデータをきちんと取り出した上で、プライバシーに関わるデータや遺族が不要と判断したデータを復旧できないレベルに完全に消去してくれます。

 

遺す側の事前の準備も必要?

 

デジタル遺品に関しては遺品整理業者の他にも、アクセスがなくなって一定期間が経つとアカウントが削除されるGoogleのサービスや、デジタル遺品の扱いについて書き残すためのエンディングノートなど、万が一の事態に備えておけるサービスが増えてきています。1人につき何台ものメディアを扱うのが当たり前になっている現代社会。デジタルデータの処分方法についてあらかじめ準備しておくことも、これからは当たり前のことになるのかもしれません。

 

日頃から整理整頓しておきたいデジタルデータ。しかし整理しておくべきはデジタルだけではありません。部屋の中にあふれる服や小物、さまざまな荷物。自分ではもう不要だなと思うようなものでも、遺族は処分していいものかどうか判断に迷ってしまうかもしれません。この機会に不要なものは処分して、部屋も身の回りもすっきりしてみるのはいかがでしょうか。心身ともに軽やかになり、人生の新たな展望が見えてくるかもしれませんよ。

 

▶ブランド買取なら金やプラチナ高価買取の京都マルカ