ウエストをスマートに!1日5分でできる魔法の「くびれ術」

 

女性の夢とも言える「くびれ」。芸能人やモデルを見て、ウエストが引き締まったボディラインに憧れを抱く人も少なくないのではないでしょうか。

 

実は、「くびれ」は誰でも手に入れることができます。しかも、1日たった5分の腹筋運動と食事に工夫を加えるだけ!理想的なウエストが手に入る魔法の「くびれ術」をご紹介します。

理想のボディラインをつくる腹筋運動

1.クランチ

(1)仰向けに寝転び、膝を立てます。

(2)頭の後ろで両手を組んで頭を抱えます。

(3)息を吐きながらゆっくりと体を起こして肩甲骨を浮かせます。

(4)息を吐き切ったら体を戻していきます。

(5)頭を浮かせたままで、繰り返し行います。

 

2.クロスオーバークランチ

(1)仰向けに寝転び、膝を立てます。

(2)右手を頭の後ろ・左手はお腹に置き、左脚を真っ直ぐ伸ばします。

(3)息を吐きながら左膝を曲げて体に引き寄せ、上体を起こしながら右肘と左膝を近寄せます。

(4)できるだけ引き寄せたら元の状態に戻ります。

(5)戻した際に、頭と伸ばした脚を床から浮かせたまま動作を繰り返します。片側が終われば反対の手と脚で行います。

 

この2つのトレーニングを毎日行います。20回を1セットとして毎日2セットずつ。朝と夜に1セットずつ分けて行っても構いません。時間は1日たったの5分です。ただし、無理をしないこと。動作はゆっくりと、お腹の筋肉を意識しながら行うことで、少しの時間でもしっかりと成果につなげることができます。また、気分に流されず、生活習慣にしていくことがポイント。毎日、続けることで変化を感じられます。

糖質・脂質を控え、「良質な油」を摂る

そして、「くびれ」をより効果的につくるために、日々の食事も意識してみましょう。1日の摂取カロリーを抑えることで、身体の中にある余分な脂肪を減らすことができます。方法としては「糖質(炭水化物)」や「脂質(油脂)」を控えること。具体的に、糖質はパン類・麺類・小麦粉食品といったもので、脂質にはお肉の脂や揚げ物の油などが挙げられます。これらを控えると摂取カロリーを抑えることにつながり、結果、体脂肪の減少による「くびれ」が現れるのです。

 

さらに、おすすめなのが油を摂ること。先ほど、「脂質を控える」と挙げましたが、実は油には「良質な油」が存在するのです。それは、最近、話題の「オメガ3脂肪酸」。

 

この「オメガ3脂肪酸」とは、体内で合成できない必須脂肪酸であるため、食品から摂取する必要のある脂肪酸です。主な食品は青魚(サバ・ブリ・鮭)、ナッツ類(アーモンド・クルミ)、えごま油、亜麻仁油など。これらの「良質な油」は脂肪燃焼に効果的で、LDLコレステロールや中性脂肪を下げる他、生活習慣病の予防にも効果があるといわれています。身体の外側だけでなく、内側もキレイな身体へ……まさに一石二鳥の「くびれ術」です。

「くびれ」をつくってスマートなスタイルを

「くびれ」がつくられると、これまで着ていた服のサイズが変わります。そうなると、大きなサイズの服しか着ることができなかったこれまでとは異なり、「自分の着たい服」が着られるようになります。

 

想像してみてください。体型に合わせた服装選びから脱却して、自分の着たい服・好きな服が着られる喜びを。考えるだけでも何だか明るくなりませんか?また、ブカブカになって着られなくなった服は、買い取りをしてもらうことで新たに購入する私服の費用に充てることもできますし、服を整理することでタンスやクローゼットの中を片付けられます。

 

魔法の「くびれ術」を継続して、理想の「くびれ」とスマートなライフスタイルをつくり上げていきましょう。

 

▶ブランド買取なら金やプラチナ高価買取の京都マルカ

長谷川 浩久(はせがわ ひろひさ) ボディーデザイナー

2007年、立命館大学を卒業後、大手アパレルメーカーへ就職。その後、自身の目標であった起業を行うため、アパレルメーカーを退職。2010年Private Fitness Gym『Rise』を開業し、2012年、株式会社RISING SHIFTを設立。フィットネスクラブの運営・サプリメントの製造販売を手掛ける。会社経営の傍らで、ボディメイクコンテストにも積極的に参加し、数多く入賞を果たしている。(2014年 日本メンズ フィジーク選手権 初代日本チャンピオン、2015年 メンズフィジークアジア選手権 初代アジアチャンピオン)■HP:https://www.rise-pf.com