知ればもっと好きになる! オーデマピゲの歴史

オーデマピゲは、世界3大高級時計メーカーの1つに数えられているスイスの時計・貴金属メーカーです。1875年、ジュール・ルイ・オドマールとエドワール・オーギュスト・ピゲによって、時計産業の始まりの地であるジュー渓谷のル・ブラッシュにて設立されました。「オーデマ(オドマール)・ピゲ」という社名は2人の設立者の名から取られています。創業以来、同じ地で創業者一家による経営が続いており、これは有名メーカーにしては異例といえます。代々受け継がれてきた伝統と誇り、高い技術によって、オーデマピゲの腕時計は今でも世界中の人々から愛され続けているのです。

 

精密な技術力と革新的なデザインが魅力

 

オーデマピゲを設立した創業者2人の目標は、最高の複雑時計を作ることでした。その志が示す通り、初期のオーデマピゲ製品のほとんどには、複雑機能が少なくとも1つは備わっており、ミニッツ・リピーター機構という高度な複雑機能を持つ懐中時計も製造されていました。リピーターとは、チャイムを鳴らすことで現在時刻を知らせる機構のこと。2つの音色を使って1分単位で時を知らせることのできるミニッツ・リピーター機構は超絶技巧であり、非常に高度な技術を持ったごく一部の職人しか製作・メンテナンスができないといわれています。オーデマピゲはこのミニッツ・リピーター機構を始め、100年自動調節が可能な永久カレンダー機構や、ストップウォッチ機能を備えたクロノグラフ機構などを組み合わせた超複雑時計をいくつも作り出し、その技術力で非常に高い評価を得ていました。

 

そんなオーデマピゲで最も有名なモデルに、ロイヤル・オークと呼ばれるスポーツウォッチがあります。1972年に発表されたこの時計は、「高級時計の常識を覆す」と世界中を騒然とさせました。当時「高級時計」には決して使われなかったステンレスが、ロイヤル・オークには使用されていたのです。その他にも八角形のベゼルや、それを固定するネジがむき出しになったデザインなど、ロイヤル・オークの数々の革新的な試みは多くの人を驚かせました。ステンレス製でありながら上品な質感を感じさせるそのデザインは、今やオーデマピゲを象徴するものとなっています。

 

持つことがステータス!数多くのセレブが愛用

 

オーデマピゲは世界のセレブにも非常に人気があり、特にアーノルド・シュワルツネッガーは熱心なファンとして知られています。主演映画「ターミネーター3」では、コラボレーションモデルを劇中に登場させているほど。その他にも、有名スポーツ選手や俳優といったセレブや芸能人がオーデマピゲを愛用しています。

 

買取専門店でも、オーデマピゲの買い取り需要は非常に高くなっています。その質・価格ともに、なかなか手が届かない「雲上ブランド」といわれているオーデマピゲ。持つこと自体がステータスともなるオーデマピゲに対する需要は中古商品であっても高く、かなりの高額買い取りが期待できるでしょう。もしオーデマピゲを入手する機会があれば、良い状態を保つことができるよう、大切に使用しましょう。

 

▶ブランド買取なら金やプラチナ高価買取の京都マルカ