実はこんなにあるんです「LINE」のいろんな使い方

若者のみならず、40代から50代の中高年者まで、幅広い年齢層で利用されているLINE。メールよりも気軽にやり取りができることや、「既読機能」で相手にメッセージが届いたことが確実にわかること、気持ちを手軽に表現できる「スタンプ機能」など、LINEならではの魅力はたくさんあります。

 

主にコミュニケーションツールとして利用されているLINEですが、実はメッセージの送受信以外にもさまざまなサービスが。例えば、LINEのアプリから簡単にタクシーの呼び出しができる「LINE TAXI」や、広いショッピングモールやデパート内の待ち合わせに便利な「LINE Maps for Indoor」など、知れば生活がもっと便利になる魅力がLINEには詰まっているのです。

かゆいところに手が届く! LINEの便利なサービス

LINE TAXI

 

LINEアプリ上でタクシー予約ができるサービスです。使い方はシンプル。LINEアプリから画面を開き、乗車位置を指定するだけ。タクシー会社に電話する場合と違い、呼び出す際に名前や電話番号を伝える必要はありません。

 

さらにLINEタクシーなら、乗車位置で待機している間、タクシーの現在地を把握することが可能です。そのため、タクシーを待っている間、「いつ来るのか」「本当にここに向かっているのか」などと不安に感じることもありません。

 

タクシーが到着したら、名前と電話番号の下4桁を口頭で伝えて乗車します。そして支払いは、「LINE Pay」というサービスを利用することが可能です。これはLINEが提供するサービスのひとつで、手数料が無料、コンビニで気軽にチャージが可能など、さまざまな魅力があります。LINE Payを利用すれば、タクシーを降りる際に手間取ることもありません。

 

 

LINE Maps for Indoor

 

LINEと連携している商業施設内(屋内のみ)で利用できる地図サービスです。施設が広すぎて「どこに何のお店があるのか分からない」という場合に利用すれば、アプリが目的地までナビゲートしてくれます。一人で施設に訪れた際はもちろん、友だちと施設内ではぐれてしまった際にも有効で、待ち合わせ場所を指定すればそこまでの詳しい道順を案内してもらうことができます。

 

また、化粧ルームや喫煙ルームなどの検索も可能で、現在地から最も近いところを案内してくれるため、広い施設内をむやみやたらに歩き回らずに済みます。

企業と「友だち」になれるのもLINEならでは

従来のSNSでは難しかった企業と個人との直接的なコミュニケーションも、LINEでは簡単に実現。「友だち機能」を利用すれば、メッセージの送受信やリアルタイムでのトーク、画像を送ることも可能です。この点を上手くビジネスに活かしている企業も少なくありません。

 

nagarestep (1)

たとえば、LINEを使った買取査定サービス。今までであれば、お店の買取窓口まで行ってその場で査定してもらうか、買取ショップまで宅配で送るか、どちらにしても面倒だった買取査定。それが、LINEアプリで品物の画像を送るだけで、簡単に査定が受けられるようになったのです。

 

必要なのは、買取ショップを「友だち」に追加することと、品物の写真を撮影することだけ。撮影した画像とあわせて、売りたい物の情報をメッセージで送れば、査定金額を返信してくれます。その値段に満足すれば、あとは出張買取と同じ手順。買取店まで品物を宅配すれば、指定した口座に買取金額が振り込まれます。査定金額が出るまでの時間を大幅に短縮できるので、なるべく早くお金に替えたい物の処分にも最適です。

コミュニケーションだけじゃない! もっとLINEを楽しもう

今回、ご紹介したお得なサービスのほかにも、オリジナルメッセージカードを作成できる「LINE Card」、人気マンガを無料で楽しめる「LINE マンガ」、スマホを着せ替えることができる「LINE DECO」など、LINEには楽しいサービスが満載です。今までコミュニケーションツールとしてのみ利用していた方は、ぜひ一度これらのサービスもお試しください。

 

▶ブランド買取なら金やプラチナ高価買取の京都マルカ