片付けられない女を卒業しよう!整理収納のコツ

エステに通ったり、話題の美容法を取り入れたり、外見の「自分磨き」に精を出す女性たち。しかし、自分から離れたところには、なかなか美意識が働かない女性も。

 

たとえば、お部屋。整理収納ができず、散らかり放題になっていませんか? 片付けよう、キレイにしようとは思うだけ。行動に移そうにも、まず何から手をつけていいかわからず途方にくれている、そんな「片付けられない女」から卒業しない、いつまで経っても友だちや彼氏を自宅に招くことはできません。

 

ここでは、片付け下手な人に向けた、手軽にできる整理収納のコツをご紹介します。

「収納」は2段階で考える!

頻繁に使うものはまだしも、以前いつ使ったかわからない、次に使うのがいつかもわからない、そんな物まで辺りに散らかっていませんか?そんなときには、収納ボックスが大活躍。すぐに使わないものなら、どんな物でもとりあえず収納ボックスに放り込んでおきましょう。このとき、収納ボックスの中身はそれほど神経質に整えなくて構いません。キレイに収納しよう、と考えてしまうとどうしても面倒に感じてしまいますので、「床に放り投げておくくらいなら収納ボックスに入れる」という程度の軽い気持ちで大丈夫。これさえ徹底していれば、床が物で散らかることはなくなります。

 

ただ、無闇に収納ボックスを用意するのはNG。収納ボックス自体でお部屋が狭苦しく感じられるようになってしまうと、本末転倒です。そんなときには、収納ボックスを収納する収納棚を用意しましょう。

 

収納の極意は、2段階で考えること。細々としたものは収納ボックスに、そして収納ボックスそのものは収納棚に収めることで、手軽に無理なく床をキレイな状態に保つことができます。もし、収納棚を用意してもあふれてしまうくらい物が多いとなったら、それは単純に物の持ちすぎです。収納棚の限界は、持っていても部屋が散らからない荷物の限界量です。部屋のサイズにあわせた収納棚を用意してなお片付けきれない物は、いさぎよく処分しましょう。

やり繰り上手になることが、片付け上手な女の鍵!?

ただ捨てるだけではもったいない。どんな物にも、価値があります。捨てればなくなるだけのものも、買取ショップに持っていけばいくらかのお金になるかもしれません。そのお金を使って収納グッズを買えば、お部屋のスペースは広くなりますし、片付けきれなかった物も上手にしまえるようになるし、と一石二鳥。やり繰り上手な女を目指すことが、片付け上手な女の鍵です。

 

何を処分すればいいかわからない、というときには、使用頻度から優先順位をつけて、いらない物を洗い出すところからスタートしましょう。「よく使う」「たまに使う」「もう使わない」の3段階のランクに分け、「もう使わない」ものはきっぱりと処分。「たまに使う」に分類するときには、直近でそれをいつ使ったか、どうやって使ったかを覚えているか、ちょっと考えてみましょう。どちらも思い出せない場合、それは「もう使わない」に分類されるべきものですので、手放しましょう。

 

▶ブランド買取なら金やプラチナ高価買取の京都マルカ