相次ぐ「遺品整理」トラブルを防ぐ術

愛する家族が亡くなってしまったとき。悲しいのは当然ですが、さまざまな事後処理を行わなければいけないのも、また現実です。

 

葬儀を終えた家族が向き合わなければいけないのは、故人の荷物や書類を整理する「遺品整理」。

 

近年、そんな遺品整理でさまざまなトラブルが続出している現状をご存知でしょうか? 悲しみの中で、膨大な量の荷物を短期間で整理しなければならないとなったら、冷静な判断はできなくなってしまうもの。

 

いざというとき、どうすればいいのか。ここでは、遺品整理のトラブルを防ぐ方法をご紹介します。

処分されたくないものまで……遺品整理のトラブル

思い出の品や重要な書類。遺品がそれだけならばまだ簡単なのですが、衣服や生活用品といった細々とした荷物はどうしても残ってしまうもの。

 

たとえば親御さんが亡くなった場合。疎遠になってしまった親類とうまく連絡が取れないまま時間に追われて遺品整理をしてしまうと、後で「形見分けの約束をしていたのに、捨ててしまったのか!」とケンカになってしまうことも。

 

そうならないように、大切な品や手続きについては生前きちんと家族で話し合っておくことが重要です。「遺言状なんて大げさ」という人も多いかもしれませんが、悲しみで何も考えられないという状況で、「どうすればいいのか」を知れると、ずいぶん楽になれるものです。

 

さらに、衣服や生活用品、家具など不要なものは処分しなければなりませんが、これも少し困りもの。「まだ使えそうなのに捨ててしまうのはもったいない」「すぐに処分しなければいけないのに、粗大ごみの日が遠い」など、頭を悩ませる問題が山積みです。

 

そんな場合は、遺品整理業者を利用するのがおすすめです。遺品を不要品と形見分けのものに分別するのを手伝ってくれるだけでなく、業者によっては不要品の処分を請け負ってくれたり、遺品を買い取ってくれたりするところも。

不要品が多い場合は、遺品買取という手も

遺品買取は、その名の通り、不要な遺品を業者に買い取ってもらうことです。故人が趣味で集めていた骨董品や趣味の物品、家具や着物などは、状態が良ければ良いほど捨ててしまうのを躊躇してしまうものです。それらを買い取ってもらえれば、処分する手間を省ける上に諸経費を節約することもできるのです。

 

買い取ってもらえるものは買取を行っている業者によって異なりますが、遺品整理業者の多くはリサイクル業者などと提携しており、さまざまなものを買取査定してくれます。壊れた家電や車など、中には「こんなものまで?」というものを驚くほど高値で買い取ってくれる場合も。見積もりを見て売るかどうかを決められるので、まずは家族とよく話し合って、遺しておくものと手放すものを決断しましょう。

 

しかし、遺品整理業者は近年急激に数を増しており、中には見積もりより高い依頼料をふっかけてくる、処分を依頼した遺品を不法投棄するなど悪質な業者も。遺品整理業者に依頼する際にはきちんとした会社であるか、遺品整理士の資格を持っているかなどをチェックしましょう。

 

▶ブランド買取なら金やプラチナ高価買取の京都マルカ