リックオウエンス

MARUKAのリック オウエンス買取について

リックオウエンスはフランスのファッションブランドで1997年にデザイナーであるリックオウエンスが自身の名を冠した日本でも絶大な人気を誇るブランドです。

作品はこれまでに慣れ親しんできたものや、着用しても安心できるものの代替となるものをイメージし製作されており、素材は全てヴィンテージ加工されています。また、縫製後に更に手を加え独特の風合いを加えた作品を生み出しています。

デザイナーであるリックオウエンスは、1961年11月18日アメリカ カリフォルニア州中部のポータービル生まれ。後にロサンゼルスに移住後に世界のアート&デザインカレッジのオーティス パーソンズスクールでファイン アートを学んでいましたが中退、その後洋服のパターンやカッティングなどを勉強し、ファッションに注力したいとアパレル系の会社で8年経験を積みました。更に8年間にわたりリックオウエンスのパートナーのミッチェル ラミーのコレクションでパタンナーを務め長い経験の後にリックオウエンスは誕生しました。

現在では世界の優良店300軒で販売されており、顧客にはケイト モス、マドンナ、グウィネス・パルトロー、コートニー ラブ、レニー クラヴィッツ、ブラッド ピット、BIGBANG、などモデル、ミュージシャン、俳優など著名人も多数愛用しています。
リックオウエンスの定番人気のアイテムはレザージャケットで、デザイン性もさることながら、柔らかくて軽い素材が使用されており着心地も抜群です。
また、スニーカーもリックオウエンスの人気アイテムです。特にハイカットのGEO BASKETはリックオウエンスの顔といっても過言ではないくらいファンが多いアイテムです。またリックオウエンスはコラボレーションでアディダスからはスニーカー、クロムハーツからはレザージャケットやスニーカー、2014年にはリックオウエンスと妻のミッチェル ラミー、ローリーロドキンのトリプルコラボレーションによるハンロッドからはシルバーとゴールドにカラーダイヤモンドを組み合わせたペンダント、リング、ブレスレット、ネックレスなどが発売されました。

MARUKAではリックオウエンス買取はもちろん、クロムハーツ、フィアオブゴッド、シュプリーム、サン ローランパリ、ラフシモンズ、マスターマインド ジャパンなどのアパレルも買取強化しております。

MARUKAは創業70年の質屋の質マルカを母体とした買取専門店です。
買取方法もお客様のニーズに合わせた店頭買取、出張買取、宅配買取とございます。
母体の京都では母体の質マルカを中心に、右京区、西院や西京極方面からご利用しやすい、西大路七条交差点南東のMARUKA七条店や四条大宮と四条壬生川の交差点尾間の北側に位置するMARUKA大宮店、東山、祇園、河原町からアクセスしやすい、髙島屋と大丸の間に位置するMARUKA四条店と楽器販売買取店のMARUKA楽器、東京は渋谷店と銀座本店に新宿マルイアネックス店と玉川髙島屋S・C店、横浜元町ドンキホーテ店があり全国でリックオウエンス買取、ブランドアパレル、シューズ買取を行っております。

ジェイエムウエストン

MARUKAのジェイエムウエストン買取について

ジェイエムウエストンは、1891年にエドワール・ブランシャール氏によって創業されたシューズブランドです。100年以上の歴史を持ち、フレンチトラッドの代表格ブランドであり、機能性が高く、長時間履くことができる耐久性も兼ね備えています。オリジナルの分厚いダブルソールやゴムソールを使用しており、『超低適植物性革なめし』と言われる伝統的な革なめしの工程を経て、ジェイエムウエストンのシューズは作られています。MARUKAではこういったシューズやブランドアパレル買取を強化中です。なかなか高評価替え得られにくいシューズ・アパレルブランド。他店の買取価格にご納得がいかないときは是非MARUKAにもご相談ください。

2001年には、レディースシューズのデザイナーであり、フェミニンなシューズを得意とする、ミッシェル・ペリー氏がデザイナーに就任しました。それにより、これまでのジェイエムウエストンの伝統を考慮しつつ、よりモダンなコレクションを展開するようになりました。ジェイエムウエストンの過去のモデルにアレンジを加え、ブランドの価値を一層大きくしたデザイナーが、ミッシェル・ペリーになります。MARUKAでは、只今、ジェイエムウエストンを強化買取致しております。ジェイエムウエストンのローファー、ダービー、マウンテン、ル・モック、タッセル、シグニチャー、ストレートチップ、セミブローグ、ウィングチップ、ダブルモンク、ワンカット、ドライビング、サイドゴア等のシューズも高価買取中で御座います。MARUKAでは、ジェイエムウエストン以外にも、オールデンやアレン・エドモンズ、クロケット&ジョーンズなどに加えエドワードグリーンやジョンロブ、チャーチ、チーニー、パラブーツ等の男性向けのシューズブランド、オフ-ホワイト c/o ヴァ―ジル アブロー、ヴェトモン、フィアオブゴッド、ワイスリー、ラフシモンズ、マッキントッシュなどのほかにもシュプリーム等のストリートファッションブランドも買取致しております。ブランド品の高額査定なら、MARUKAにお任せ下さいませ。MARUKAは、東京、京都、大阪、横浜に店舗が御座います。東京高級ブティックが立ち並ぶ繁華街銀座の晴海通りと並木通りの交差点すぐ、マツモトキヨシビル6Fに『銀座本店』、東京スクランブル交差点や道玄坂等、東京で一番人が集まる街、渋谷の藤和宮益坂下、藤和宮益坂ビル2Fに『渋谷店』、京都阪急大宮駅から200mの地点には『大宮店』、京都市一の繁華街、四条通には『四条店』、京都西大路通の角に『七条店』。
MARUKAでは、お客様にお品物をお持ち頂いて査定させて頂く『店頭査定』、お客様に品物を梱包して頂き、MARUKAの宅配センターまで送って頂き査定する『宅配買取』、お客様のご自宅に査定士が直接伺わせて頂き査定する『出張買取』、事前にある程度の査定金額が知りたい時のために非常に役立つ『LINE査定』『メール査定』も行っております。特に、『LINE査定』は、お品物の写真と情報を送って頂くだけで簡単に査定が受けれるようになっております。査定スピードも速く、迅速に対応できるだけの能力を持った査定士が在籍しているため、『LINE査定』はMARUKAの強みとなっています。全ての査定方法に関して、査定料や手数料は一切頂いておりません。ご不明な点が御座いましたら、お気軽にお問合せ下さいませ。沢山のお客様のご利用をお待ち致しております。MARUKAでは、アパレル品やシューズ類のみならず、ブランドバッグ、時計、骨董品、お酒、ブランドジュエリー、貴金属、宝石、カメラ等々、買取可能な商材の豊富さは業界一で御座います。『これって、買取できるのかな?』等の疑問をお持ちの方も多いかと思います。そんな方は是非一度、MARUKAまでお越し下さいませ。ブランド品を売るなら、MARUKAにお任せ下さいませ。お客様のご来店をお待ち致しております。

エドワードグリーン

1890年、創業者であるエドワード・グリーン氏はイギリス・ノーザンプトンの小さな工場で自身の名前を冠したブランド、エドワードグリーンを立ち上げ紳士用の手作り靴を作り始めました。
「可能な限り上質な靴を造る」と言うコンセプトの下、靴作りをはじめ手間暇を惜しまずに最高の素材と熟練した職人によって作られる英国靴の象徴とも言えるでしょう。
この手間暇を惜しまずに作り続けたエドワード・グリーン氏は瞬く間に「英国でも稀代の才気煥発な靴職人」と名声を上げます。
この「可能な限り上質な靴を造る」と言う哲学は現在でもエドワードグリーンの靴作りのコンセプトとして続いています。
手間暇を惜しまないと言うのはお世辞でも過大評価でもなく、実際にアッパーの革を鞣すには4ヵ月、ソールの革の鞣しには18カ月も掛かるのです。
1年以上にも渡って鞣されるソールのおかげでエドワードグリーンの紳士靴は履いた初日から柔らかく、履き心地の良さに繋がります。
1950年頃、靴の量産化と言う流れに逆らえずエドワードグリーンも次第に衰退し始める事になります。
廃業寸前と言うところまで追い込まれしまうかと思った矢先、現在の社長でもあるジョン・フルスティック氏が指揮を執り世界中でエドワードグリーンのマニアを造るきっかけになりました。
ジョン・フルスティック氏の最大の功績は「履き心地よし、デザインよしの靴を造る」ための木型(ラスト)の開発です。
凌ぎを削り開発に取り組んだジョン・フルスティック氏は遂にエドワードグリーンの顔とも呼べるラスト202の開発に成功します。
以降、ラスト32や88、808と名ラストを造り続け、各ラストのわずかな違いが革靴マニアたちが惚れ込んだ魅力の1つとなりました。

お洒落は足元から、MARUKAでは高級紳士靴買取りにも力を入れておりイギリス靴を語る上では外すことができないエドワードグリーン買取りもお任せ下さい。
革靴の価値はわかる人間にしかわかりません、MARUKAの査定士はしっかりとその価値を見極め最高のお値段で満足して頂くために日々努力しています。今では履かずに置いたままになっていたエドワードグリーンの紳士靴、買い替えを検討されている方も是非お気軽にご相談下さいませ。
京都4店舗・東京4店舗・大阪心斎橋・横浜と全国10店舗の展開があり、どの店舗も公共交通機関でのアクセスが抜群です。
京都では阪急電車を利用して大阪方面からもアクセス抜群、阪急烏丸駅と阪急大宮駅のすぐ近くに四条店・大宮店があり京都駅から京都市バス1本でご来店頂けるMARUKA WATCHに七条店。
東京・銀座5丁目、東京メトロ日比谷線 銀座駅B5出口を出れば目の前にあるマツモトキヨシ銀座ビル、6階に銀座本店を構えております。
また毎日沢山の人で賑わい、若者の街としても知られ山手線をはじめ副都心線や埼京線、湘南新宿ラインと多数の路線が集まる渋谷、宮益坂下交差点すぐの場所に渋谷店。
お近くの店舗へのご来店は勿論、ご来店が難しい場合でも出張費無料の出張買取も各地方を拠点にして行っておりますし送料無料の宅配買取りもご用意しております。
高級紳士靴買取り、エドワードグリーン買取りは是非MARUKAにご相談下さいませ。

クロケットジョーンズ

イギリスの老舗シューズブランド、クロケットジョーンズは1879年、ロンドン北西部の靴メーカーが集まっているノーサンプトンと言う町で誕生しました。
クロケットジョーンズはチャールズ・ジョーンズ氏とその義理の兄弟、ジェームス・クロケット氏によって設立され、現在では4代目に入り経営されています。
クロケットジョーンズの最大の特徴と言えば世界で最も多い木型の種類を保有している靴メーカーとして靴作りにおけるデザイン・バリエーションや素材選びの優れたノウハウを有していると言う事です。
1990年代後半からはオンリーショップをロンドン・ジャーミンストリート、シティー、バーリントンアーケードに出店しました。その後もパリに出店と積極的にブランド戦略を展開していき、現在の社長であるジョナサン・ジョーンズ氏は「これまでの伝統的な靴製造の基本は変えず、新たなる機械によるスピードと精度を向上させる」「その靴がクラシックであっても、形や素材、色を微妙に変える事でファッションとしても楽しむ事ができ、10年以上履いていても常に趣味の良い靴だと言われ続ける靴を造る」と宣言しています。
クロケットジョーンズは徹底した管理体制の下で、靴を1足作り上げるのにおよそ8週間を費やす最高品質の靴を作り上げています。これまで数々のファッションシーンや有名な映画へと商品を提供し、その木型の豊富さ故に世界中のファッションブランやセレクトショップからの厚い支持を得ています。

ビジネスシューズ買取りにおいても、MARUKAは国内外に広まるネットワークを駆使して最高の高額査定でお応えさせて頂きます。シューズ買取りはサイズによってお値段も変わったり、中にはかなり安く買い叩かれる場合もあり中々どこに売ればいいのかわからないと言う声もよく聞く事があります。
MARUKAではしっかりと現在の流行、サイズごとによる相場の変動もキャッチしお客様に常に満足して頂ける最高の高額査定をお約束致します。
MARUKAは京都4店舗、大阪方面からもアクセスも阪急電車1本でご利用頂ける四条店・大宮店は阪急烏丸駅・阪急大宮駅を出てすぐの場所にあります。
また創業の地でもある西大路七条には京都駅からバス1本、専用駐車場もありお車でのご来店も気軽にして頂ける七条店・MARUKA WATCHと御座います。
更に京都を離れ東京では現在4店舗を構えており、高級ブティックが立ち並ぶ銀座5丁目、晴海通り沿いのマツモトキヨシ銀座ビルの6階に銀座本店があり池袋・新宿、その他各地からのアクセスも良い渋谷・宮益坂下交差点に渋谷店が御座います。
その他大阪心斎橋や横浜元町ドンキホーテ店と各所に展開、また店舗が無い地域のお客様には全て無料で使える宅配買取をオススメしております。北海道からでも沖縄からでもMARUKAに届けば京都の本社や銀座本店の店頭と同じ基準でしっかりと買取させていただきます。

クロケットジョーンズ買取りはMARUKAにお任せ下さい、高級紳士靴買取りはMARUKAへ。

ハンター

MARUKAのハンター買取について

レインブーツの代名詞、ハンターは1956年にアメリカ人の実業家であるヘンリー・リー・ノリスがスコットランドのエジンバラに工場を構えノースブリティッシュ・ラバーカンぱにーとしてゴム製のブーツを作る会社を設立したことがはじまりとなります。
ハンターは機能性とファッショナブルなカラーやデザインで人気を博しているレインブーツのブランドです。現在MARUKAではこのハンター買取を強化中です。
アンジェリーナ・ジョリーやケイト・モス、ニコール・リッチー等のハリウッドセレブからも愛用者が多数いることでも有名ですね。液体の天然ゴムに漬けてブーツを形成しているので継ぎ目がなく、防水性が非常に高い事が特徴と言えるでしょう。また、日本で言う長靴とは少し異なる部分があり足の形にフィットしたデザインも特徴的です。
設立当初はゴム製ブーツの需要も少なかったのですが第一次世界大戦にイギリス軍から発注を受けたことをきっかけに爆発的に増え、軍から直接ぬかるんだ地面でも使えるブーツ開発を頼まれることもありました。第二次世界大戦がはじまると防水性の高いゴム製ウェリントンブーツが数多く発注されました。その後一般の労働者の間でも大人気となりレインブーツとしてポピュラーになりました。現在の社名、ハンターブーツとなったのは1986年より2回の買収と2004年の独立を経てからの2006年5月の事です。
尚、2008年にはノースブリティッシュ・ラバーカンパニーの生誕地であるエジンバラに150年ぶりに本社を戻しました。その後、ハンターはジミーチュウとコラボしたモデルを発売する等、多数のヒット商品を生み出し日本は勿論、海外セレブからも多数の支持を得ているレインブーツブランドのトップとも言えるでしょう。そんなハンター買取は是非MARUKAにお任せください。

MARUKAではハンターのレインブーツ高価買取中です。

ブランド品高価買取は勿論ですが、アパレルやシューズ買取りも勿論得意分野の1つとして御座いますので是非お気軽にご相談下さいませ。
ハンター買取りには高い自信と確かな査定額でお応えさせて頂きます、是非お気軽にMARUKAまでご相談下さいませ。
MARUKAは現在東京・京都・大阪・横浜と全国に10店舗、創業の地である京都4店舗あり大阪・梅田方面からのアクセスも阪急電車1本で可能な四条店。同じく阪急沿線上の大宮駅のある京都市の中心四条大宮交差点からは四条通を西へ徒歩300m先の大宮店。創業の地西大路七条のMARUKA WATCHと七条店には西院や西京極からも徒歩でのアクセスが可能で、京都駅からはバスで1本です。東京では流行の発信地でもある銀座の5丁目、晴海通り沿いにあり東京メトロ日比谷線銀座駅B5出口を出てすぐ目の前のマツモトキヨシ銀座ビル6階に銀座本店。渋谷は池袋や新宿方面からのアクセスも抜群で銀座線や山手線、銀蔵門線・副都心線・埼京線・湘南新宿ライン等の多数の路線が集中しており、宮益坂下交差点に渋谷店が御座います。
遠方のお客様でも安心してご利用して頂ける、無料の出張買取りや宅配買取りもご好評頂き多数のお客様からのご利用が御座います。
是非ハンター買取りをご検討の際にはMARUKAまでご相談下さいませ。