SA*BIRTH (サバース)

SA*BIRTH (サバース)は、2006年日本における最も重要なダイヤモンド&ダイヤジュエリーのブランドとなっています。今後拠点を世界に展開していくという企業ビジョン(内原グループ)がある為、MARUKAでは高価買取しております。南部アフリカ生まれの最高品質ダイヤモンドにこだわっており、サバースの息を呑むほど美しい輝きは南部アフリカ産の優良な原石に由来します。特に結晶が優良に形成された原石を厳選し、その高品質原石を熟練のクラフトマンが丹念に磨き上げています。そしてスーパーセレクター(厳格な選別者)が磨きあげられたダイヤモンドひとつひとつを更に選別していきます。サバースの類希なる輝きはこうして生まれるのです。
この上質なダイヤモンド使いを可能にしたのは内原グループの歴史にあります。店舗は全国各地に点在しており、多くのユーザーへ最高品質のダイヤモンドを提案しております。店舗は東京(新宿、六本木、日本橋、玉川、西武渋谷)、横浜、静岡県浜松、愛知県名古屋、大阪府難波、京都府四条、愛媛県松山にございます。
世界をさらに羽ばたく企業のブランドです。サバース買取はお気軽にMARUKAにお越しください。サバースは0.17ct以上のダイヤモンドにはガードル部分にレーザー刻印(最大10桁のナンバー)を施し、研磨期間や研磨担当者などのトレーサビリティ(生産履歴)を厳密に管理しています。トレーサビリティの厳密な管理は、サバースが原石の研磨・加工を一貫して
現地の提携工場で行っているからできることです。選び抜かれた最高品質の原石が、間違いなく、熟練の職人たちによって磨かれているからこそ、サバースのダイヤモンドはひときわ強く輝いているのです。また、サバースのダイヤモンド原石は戦争資金の元となる違法ダイヤモンドを排除するための国際認証制度である「キンバリープロセス」に則っています。サバースのダイヤモンドは、厳密に管理されたトレーサビリティと「キンバリープロセス」に裏打ちされた、クリーンでエシカルなダイヤモンドなのです。※0.17ct未満のダイヤモンドについては、南アフリカ・ボツワナを含む南部アフリカ産をはじめ、世界中のダイヤモンドの中から最上級の天然ダイヤモンドを厳選し使用しています。
サバースのデザインは、ダイヤモンドの故郷、アフリカの雄大な自然に着想を得たものが多くあります。それを、日本人の繊細な感性や美意識が、サバースのクリエーション(作品)に昇華させます。感性豊かな日本人デザイナーがアフリカの大自然の様々な情景にインスパイアされ、ある時は直線的に、またある時は優美な曲線でサバース・ダイヤモンドの美しい輝きを最大限に引きだしています。裏面や側面にまで拘ったデザインは、日本の熟練したアルティザンにより着用時の肌触りや質感、石留の詰めの位置、細部の磨き等あらゆる工程において細心の注意を払い細部に至るまで精巧に作られています。

MARUKAではサバース買取りを絶賛強化中、個性あふれるアクセサリーもいいですがやはりサバースと言えばダイヤモンド。MARUKAでは裁定し一人一人がダイヤモンド査定に自信あり。京都の店舗はもちろん大阪心斎橋と東京の銀座と渋谷の全ての店舗で70年の歴史に裏付けされた最高のダイヤモンド買取がご体験頂けます。

ヴァンクリーフ&アーペル

MARUKAのヴァンクリーフ&アーペル買取について

ヴァンクリーフ&アーペルは、フランスに本店のあるジュエリーブランドです。19世紀の初頭パリのヴァンドーム広場のそばにできたジュエラーで代表作は四つ葉のクローバーをモチーフにした「アルハンブラ」シリーズ。また「ペルレ」シリーズも人気でフェミニンで女性的な雰囲気を漂わせたデザインには世界中にファンが多く全て職人の手作りで作られているモナコ公室御用達のブランドであり、独特のセッティングには特許を取っています。
1896年にエステル・アーペル(アルペルス)とアルフレッド・ヴァンクリーフが結婚し1906年、アルフレッドと義兄シャルルが両者のファミリーネームを取ってヴァンクリーフ&アーペルを設立、ヴァンドーム広場の22番地にパリ本店をオープンして事業がスタートしました。1939年にはクロード・アーペルが念願のアメリカ進出、NYのロックフェラーセンターにブティックをオープンさせました。そして1968年に今でもヴァンクリーフ&アーペルを代表するライン「アルハンブラコレクション」が発売されました。アルハンブラはヴァンクリーフアンドアーペル買取の中でも最高の人気シリーズでMARUKAでも常に高価買取の対象となっています。
1973年にはパリの宝石店としては初めて日本に支店を出し、その後宝石店として初めての香水発売など常に時代の最先端を歩んできました。2011年には六本木ヒルズにて期間限定の「ラ メゾン」CAFEをオープン。2012年にはかつての本店があったパリのヴァンドーム広場にジュエリー&ウォッチの学校「レコール ヴァン クリーフ&アーペル」を開校させました。2012年にはオンラインでのブティックをオープンさせたり時代の流れにも乗って企業経営をしていますが人気ある伝統のライン、手法を崩さない経営を保っています。
1999年からリシュモングループの傘下に入っており、カルティエやピアジェまたはIWCやロジェ、ランゲ&ゾーネなどと同じグループである。その顧客としてもっとも有名なのはモナコ皇妃グレースである。アルハンブラのコレクションから普段使うブローチそして公式行事につけるティアラまでヴァンクリーフ&アーペル製の物を使用していました。
MARUKAはヴァンクリーフ&アーペルをはじめとするカルティエやシャネル、ブルガリなどのブランドジュエリーを高価買取しています。京都で昭和28年から創業する質屋を母体とし、昨日今日出来たブランドショップでは買取が出来ない宝石類を数多く扱ってきた実績で皆様をおまちしております。今や京都のみならず阪急沿線やJRなどで大阪からも多数のお客様が訪れ、梅田や難波、俗にいうキタやミナミにたくさんの買取店があるにも関わらず枚方や吹田、豊中のお客様も全て京都にお越しいただいております。そしてそれらのご要望にお応えする形でMARUKAは次々に店舗を展開。大阪ではヴァンクリーフアンドアーペル心斎橋店が建つ御堂筋と長堀通の交差点、新橋交差点から西へ1ブロックという近さにMARUKA心斎橋店がオープン。関東でも横浜の港山下ナナイロや二子玉川の玉川髙島屋S/C南館などへも出店しますます全国でのブランドジュエリー買取を強化、VCAことヴァンクリーフアンドアーペル買取も絶賛強化中です。
またMARUKA各店舗から出張買取で滋賀や奈良、神戸の北部や西宮などへお邪魔する事もあります。これは京都のみならず東京や横浜でも出張買取サービスはありますので是非ご利用ください。東京では銀座本店が晴海通りに面した5丁目の交差点にありますし、新宿、池袋方面からは渋谷の渋谷店がご利用いただけます。もちろん全国の皆様には宅配買取をご利用いただければ全国どこにいっても業界最高の高価買取を体験していただけます。

ヴァンクリーフダンドアーペル買取なら全国のMARUKA

ヴァンクリ、VCAとも略される世界的ジュエリーブランド「ヴァンクリーフ&アーペル」 アルハンブラという代表的シリーズが有名ですが昔から宝石通の間では世界的ジュエリーブランドとして人気でさりげないデザインでする人だけが気づく清楚なイメージを持つブランドです。 MARUKAはこのヴァンクリ買取はかなり以前から注目しておりそれもやはり全国に支店を持つMARUKAだからこそのアンテナで早くからヴァンクリーフ&アーペル買取を強化してきました。最近では買取量も増えており皆様に「ヴァンクリーフアンドアーペル売るならMARUKA」と言っていただけるようになりました。ブランド買取をよく知り、そしてジュエリーのことを理解する査定士があなたの大切なVCA買取において最高の価格でお迎えいたします。

ウェレンドルフ

ウェレンドルフ高価買取

MARUKAではブランドジュエリーのウェレンドルフ高価買取しております。ドイツの長い歴史を誇るジュエリーブランドウェレンドルフ買取はジュエリー買取で屈指の取引量を誇るMARUKAへお任せくださいませ。
MARUKAで買取強化中のウェレンドルフをご紹介させて頂きます。ウェレンドルフはドイツの南西部の都市、ブフォルツハイムに金細工師アレキサンダー・ウェレンドルフによって1893年に設立されたブランドになります。真の価値をモットーに120年以上高品質なジュエリーを世に出し続けてきたウェレンドルフは今やドイツを代表するジュエリーブランドとして知られるようになっております。2018年には創業125周年を迎え、ウェレンドルフの4代目当主であるクリストフ・ウェレンドルフが妻への婚約指輪で送ったとされる代表的なリングであるマイハートに限定リングが登場しています。現在このウェレンドルフは日本で屈指の時計店とされるヨシダで取り扱いが始まるなど大注目のブランドとなっており、ブランドジュエリー買取に強いMARUKAも注目をしておりますので是非ともウェレンドルフ買取で検討されている方は是非ともご利用下さいませ。
ウェレンドルフの特徴と言えば、金細工職人であることからウェレンドルフシルクコーデルと言われるK18ゴールドをシルクのようなソフトな肌触りに仕上げた加工の金が有名です。ブレスレットやネックレスなど着用すると他のブランドにはない着け心地があります。またエマイユなど七宝素材のジュエリーも他のブランドでは出せない色彩と輝きが特徴的となっております。
ウェレンドルフの注目のモデルは、シルクコーデルの素材を使ったブレスレット「ピュアディライト」、高級カフスの「カフスリンクス」、エマイユとK18の高級感のある新作リングである「8-752」、「白金のシルク」が幾重にも重なったブレスレット「シルキーカルテットなどが今注目のモデルとなっておりMARUKAでは高価買取をさせて頂きますので是非ともご利用下さいませ。
ウェレンドルフ買取に力を入れているMARUKAは京都で65年以上続く老舗質屋が母体となっており古来より宝石類の取り扱いには自信があります。京都では市内5店舗特に最近オープンした四条河原町の京都マルイに入る京都マルイ店は交通の便利さもあり今までの十分に知名度の高かった京都での買取がさらに増加。近隣の大阪南船場四ツ橋のMARUKA心斎橋店、そして神戸では三ノ宮駅前の神戸マルイ内の神戸マルイ店。東京は銀座5丁目マツモトキヨシの銀座本店と渋谷駅宮益坂口でてすぐの渋谷店、2018年12月には二子玉川の玉川髙島屋S/Cにも出店。同じく2018年11月に神奈川県横浜市新山下のMEGA・ドン・キホーテ内にも出店が決定しており全国でブランドジュエリー買取、ウェレンドルフ買取を強化しています。

アレックスストリーター

アレックスストリーターは1971年にアレックスストリーターによってアメリカはニューヨークのマンハッタンにあるソーホー地区でショップをオープンさせました。ニューヨークでは主なショッピングエリアは5番街が有名ですが、ソーホー地区やノリータ地区には個人経営の個性的なセレクトショップや雑貨屋など沢山の観光客やニューヨーカーで賑わうエリアです。レザレクションというブランド品のヴィンテージものが豊富な古着屋さんやアイナ(INA)など高級ブランド専門の古着屋でブランドの限定品等が並んでいるお店で日本人の客も多いそうです。
そんなオシャレなエリアのソーホー地区にアレックスストリーターのフラッグショップがあります。アレックスストリーターは元々ペインターの職に就いていましたが、自分自身でアクセサリーを作りたいという強い思いから、ジェエリー製作を始めました。ショップをオープンしてからというものアレックスストリーターが造り出す独創的かつ個性的なジュエリーはたちまち評判となり、アメリカを拠点とし世界18カ国やラテンアメリカにて発行されている、女性向けの、ファッションやライフスタイルなどをテーマにされた雑誌「ヴォーグ」の表紙を飾り話題を呼びました。
更に1987年に製作されたアメリカ映画、ミッキー・ロークが主演を勤め、ロバート デ ニーロが刑事役のニューヨークが舞台のサスペンスホラー映画、エンゼル ハートの作中で主演のロバート デ ニーロがエンジェルハートリングを着用したことで人気に拍車がかかりました。エンジェルハートリングはアレックスストリーターのジュエリーの中では一番の知名度で、アレックスストリーター=エンジェルハートリングといっても過言ではありません。スタンダードなモデルは人工琥珀に星型(五芒星)がデザインされており。ラルクアンシエルのHYDEが愛用していることで日本では人気に日がつきました。
元々はHYDEが大ファンであったアメリカのロックバンドのマリリン マンソンが着けていた事でHYDEも着用したそうです。ジャニーズのニュース(NEWS)の手越祐也やSEKAI NO OWARIのFUKASEもエンジェルハートリングを着用しています。両名ともにHYDEと交流がありHYDEの大ファンでもあるので着用しているのだと思われます。

MARUKAではアレックスストリーター買取はもちろんですが、ブラッディマリーやクレイジーピッグ、グレートフロッグなどのマニア向けのブランドも買取しております。もちろんクロムハーツやロンワンズなど王道ブランドも大歓迎です。
MARUKAは京都、大阪では新店舗のMARUKA心斎橋店、東京、横浜と店舗があります。遠方のお客様などは梱包資材から全て揃い、送料・手数料など全て無料でお使いいただける宅配買取またはご自宅まで査定士がお伺いし店頭と同じ基準で買取をする出張買取をぜひご利用下さい。